風水では玄関の水槽がNG?熱帯魚の水槽の電磁波に要注意!

風水では玄関と言うのは運気が出入りする大切なところなので、玄関は常に清潔にしておかなければなりません。
玄関は広く明るく清潔にが風水での心得ともなっており物を多く置くことは風水上よくありませんが、置くものによっては運気を上げてくれたりもしてラッキーアイテムになるものもあります。

玄関での風水アイテムの一つに水槽があるのですが、熱帯魚などを飼っている方は玄関に置かれていることが良くあります。
風水では水槽というアイテムは水の気「海」を表していて金運に密接な関係があります。

しかし玄関に置くには水槽より金魚鉢の方が好ましいです。
金魚鉢よりも大きい水槽は玄関の空間を狭くしてしまいます。それに水槽で熱帯魚を飼っている方はモーターの駆動音などが不快感を出しますし、モーターなどの機械類と言うのは電磁波を出すので運気に影響してきます。
また水槽は角ばった形をしているため、角は鋭い気を発生させるので玄関に置くと家運が下がる恐れがあります。
なので形的にも丸みを帯びた金魚鉢のフォルムの方が開運に繋がります。

水槽や金魚鉢などを置かれる際は、こまめに清掃してください。
玄関においてある水がよどんでくると健康運に悪影響を与えてしまいます。定期的に水の入れ替えを行ってください。特に北の玄関は水の気をもっているので水槽などの気を増幅する効果もあるので悪い影響が増幅しないように気をつけてください。

金魚鉢はキラキラと輝くものなので、クリスタルの特性と少し重なります。クリスタルは鏡も同じ効果を発揮するのですが運気を増幅するパワーがあります。
なので金魚鉢も同じなので中の水もこまめに変えることも大切ですが、金魚鉢も綺麗に磨くようにしてください。
相性のいい方角は水槽は水の気を持っていますので木と金の方角と相性が良いです。
方角としては、東、南東、西、北西の玄関に金魚鉢を置くとより効果的です。

風水学の金色の意味※5分でわかる金運アップの必勝法

風水では色はとても重要な意味を持っています。
それぞれ色には作用する運があり、緑色が健康運、青色・濃紺は仕事運、恋愛運がピンク・白など。
そして、金運といえば黄色、そして金色です。
金色は、風水でお金や財産などを意味しています。
古代のエジプトやマヤ文明などで金を使った装飾品が見つかっています。
日本でも足利義満が金箔で外壁を飾った金閣寺を建立しています。
いずれも、自らが持つ強大な富を誇示するためのものです。
つまり、昔も今も、富を象徴するのは金なのです。

風水では金色のアイテムを身につけたり、インテリアに取り入れることで財産や富を手に入れることができるとされています。
では、どのような取り入れ方があるのか。女性であれば、ネイルに金色を使ったり、ゴールドのアクセサリーを身につけたりと簡単に取りれることができます。
また、金色のお財布はお金が入ってくるとされています。
地上のすべてのもののエネルギーの源である太陽の光、金色は太陽の光の象徴です。
そのため、金色の財布はエネルギーを集めて吸収し、その中にしっかりと蓄えてくれるのです。
さら、新しいことにチャレンジしようとしている人を手助けしてくれます。
金運アップに絶大な効果を発揮する金色ですが、悪影響を及ぼすことがあります。
金色のエネルギーとパワーは、お金が入ると使いたくなってしまう、浪費癖がついてしまいます。
ギャンブル好きの方には、金色の財布はあまりおすすめできません。

風水では、方角と組み合わせることでさらに金運アップすることができます。
金運といえば西の方角で風水では基本とされています。
そのいわれについては、昔、天皇が、中国へ風水パワーにあふれた橘の木を取りに行かせたことが元になっているとされています。
西からやってきたものは西に置くという風水術に従って、橘の木を宮殿の西側に植えたのです。橘の実の色は黄色。これが西に黄色の元になりました。
西の窓に黄色や金色が入ったカーテンをかけるとか、金色の絵や置物を飾るなど方位と風水アイテムを使って金運アップにつなげたいですね。

仕事部屋の風水コーディネート※机のレイアウトに要注意!

風水では寝室やキッチンや玄関などそれぞれに対して適切な方位があり、インテリアや色などそれらの条件がそろうと運気も上がる傾向にあります。

その中でも書斎や仕事部屋はどの方位で机の向きはもちろん、机の上のレイアウトなども紹介します。

①デスク
家具は角のあるものが多いのですが、仕事部屋のインテリはできるだけ、角の取れた木製のものを選ぶようにしてください。
角と言うのは風水では鋭い気を発生させてしまうので緊張や精神的な負担が起きてしまいます。
どうしても角のあるデスクを使う場合は、観葉植物を置くことで鋭い気を和らげることができます。

②風水の方角
東に仕事部屋がある場合、仕事がよりにぎやかで活発になりアイデアの実現を助けるような効果があります。
新規事業の立ち上げや新しい職に就く場合などに最適な方角です。
南東に仕事部屋がある場合も東と同じような働きを期待できますが、こちらの方がより穏やかでコミュニケーションとバランスの取れた発展運をきたいすることができます。
南の仕事部屋は賞賛や認められる可能性が高くなるので、もし仕事内容が他の人からの注目度などに深く関係しているなら良い方角となります。
北西の仕事部屋は、リーダーシップや組織力の強化、他人を触発など影響を与える要素が強いので、組織やグループの長にとっては最適の方角になります。

仕事部屋の気は方角だけでなく机の上のモノの置き方によっても変化します。
風水アイテムの観葉植物を置くと平穏にし気の流れをスムーズになり、電卓などを置いておくと良い変化を呼び込むようになりますし、家族写真や家族旅行などの思い出の品を置くと家庭運が上がります。

机の向きにも方向があり、良くないのは西の方角で、遊びや娯楽のパワーの方位なので机を西向きのすると注意力が散漫になりますのでお勧めできません。

風水で一人暮らしの賃貸物件を探す秘訣※間取りに要注意!

一人暮らしの際に賃貸物件を探す条件として、家賃や交通の利便性などを考慮し探すと思いますが部屋の間取りも重要なポイントとなります。
日当りの良さやキッチンなどの水回りの場所など生活面でも良いところを選ぶべきですが、風水の観点から見て良い賃貸物件を選ぶことができるのが賃貸物件の良いところでもあります。

一人暮らしの家となると玄関の広さも考えなくてはなりません。
風水上では運気が入ってくるところが玄関となります。運気が多く入ってくるところは広く明るい玄関なので物件選びの際は少しでも大きなところを選びましょう。
基本的に一人暮らしのワンルームはだいたい大きさが決まっているので大きな玄関は無い場合は、靴などを散らかさないようにして沢山運気が入ってこれるようにしましょう。
一人暮らしのワンルームでありがちな間取りが玄関から窓が見えるような間取りです。
この間取りは風水的には良くありません。
玄関から入ってきた良い運気が窓から向け出して言ってしまします。このような間取りは多いのでその際は窓にカーテンとレースをして二重にし運気が出ていかにようにして、玄関と部屋の境にはのれんをすると窓から完全に運気が出て行かなくなります。

ワンルームの限られたスペースでもベッドや寝るところはしっかり確保してください。
そして寝る際には方向も考えてください。風水で最も適した方向は水の気を持つ北で頭が水の方向を向いていると冷静になり安眠に繋がります。
逆にもっとも適さない方向は火の気を持つ南でテンション上がって眠りにくくなります。
しかしどうしても南の方向が枕の方向うになる場合は、観葉植物などを置いて火の気のテンションを抑える効果もあるので置くのが好ましいです。
また寝ている姿が鏡に映ったり、人物ポスターがベッド方向を向いていると、本来100%吸収できるはずの気が半減しますので、寝ているときは鏡に布を掛けたりするか人物ポスターなどは美江に所に置くように工夫してください。

風水では玄関の方角に要注意!3分でわかる観葉植物で運気を改善する方法

風水で一番重要とされているのが玄関です。
玄関は運気が出入りするところなので玄関で風水学を使いより良い空間にすることで良い運気が入りやすくなり家運も上がるようにすることが大切とされています。

玄関の方角で気を付けた方がいいのは鬼門の方角です。
風水では鬼門の方角は北東になるのですが、陰と陽の切り替わり地点になり、気が乱れ悪い気が溜まりやすいために鬼や魔が付け入りやすい方位とも言われています。
そのため鬼門の玄関は凶相と言われ、不幸・災難を招と言われています。

もし鬼門方向に玄関があった場合の対処法ですが、玄関を整理整頓し、清潔な状態を保つことで悪い気がそこに留まることを防ぎます。玄関はどの方角に位置していても清潔にするのは基本中の基本ですが特に鬼門方向は悪い気が溜りやすいので小まめに掃除をするようにしてください。
次に風水アイテムで浄化を助けてくれる物を置くことをしてください。
水晶は浄化作用が強いので、玄関の4隅に水晶を置くというのもおすすめの方法ですが、水晶に悪い気を吸い溜めこむので、水晶を流水にさらす、満月の光にあてるなどして、定期的に水晶を浄化することを忘れないようにしてください。
玄関は清潔にすること、物を置かずに広くすること、それと明るくすることが良いとされているので太陽の光を入れて、玄関に悪い気が溜まらないようにしてください。
しかしそうもいかない場合は、太陽光に近い色合いの照明をつけるようにし良い運気を招くようにしてください。

玄関に観葉植物を置いたり、生花を飾れば大丈夫です。
観葉植物は悪い運気を吸い取り良い運気に変えてくれる効果があり、玄関に限らずリビングや寝室どんなところに置いても観葉植物は効果を発揮してくれます。
玄関と言うのは気の出入りも多い分、木の流れも速いので観葉植物を置くことで気の流れを緩やかにしてくれる効果もあります。

北東の鬼門の玄関におすすめの生花は、モンステラでハワイの植物なのですが魔除けと金運アップの効果があります。
観賞植物などは常に水をやり、元気な状態を保ってあげることで、観葉植物や生花から出される良い気が玄関に満たされます。
ただし、枯れた状態のものは逆効果となってしまいますので、必ず手入れを怠らないようにしてください。

風水で運気好転する超簡単な4つの必殺技

風水では各部屋ごとに意味や特徴と言うのがあります。
そのことから方角や色などを取り入れて悪い運気を取り払ったり運気を高めたりもしています。
方角や色以外にも風水には運気好転アイテムと言うのがあり各部屋の特徴に合わせて置くといいアイテムなどがあります。

1.玄関
玄関に置くと良い風水運気好転アイテムは生命力あふれる観葉植物ですぅ。
空気を清浄する働きもあり、良い気を強く呼び込みます。スペースのある玄関なら鉢物の観葉植物をレイアウトしてみるのもいいです。
とがった葉のものよりは、ゴムの木やウンベラータのような丸みを帯びた葉のものが効果が上がります。

2.寝室
寝室に置くと良い風水運気好転アイテムはカーテンです。
基本的にカーテンはしているとは思いますが、二重にカーテンをすることがポイントです。
風水では朝にカーテンを開け太陽の光とともに良い気を入れ、夜は暗くなる前にカーテンを閉めて悪い気が入ってくるのを防ぐのが良いとされていて、一重だと良い気と悪い気のコントロールが難しくなり、寝ている間に良い運気を補給できなくなってしまいます。

3.リビング
リビングに置くと良い風水運気好転アイテムはスタンドライトです。
リビングは広いので太陽の陽射しが届かないところがありますが、そのような光が届かなく薄暗い場所は悪い気が溜りやすいのでスタンドライトなどを起き悪い運気が溜らないようにしましょう。

4.水回り
キッチンやトイレ、お風呂、洗面所などの水回りに置くと良い風水運気好転アイテムはマットです。
キッチンマットやトイレマットやお風呂なら脱衣所のマットなどマットは風水では邪気が床に溜るために取り払ってくれるアイテムになっております。
マット類が使えないもしくは置けないようでしたらスリッパでも同じ効果が得られるので置くようにし、マットは邪気が溜りやすいので小まめに洗うようにしてください。

運気が上がる部屋※壁紙の色で運気を上げる3つの方法

風水では運気が上がる部屋にするには方角の特徴や意味にそれらに合った色などの組み合わせで運気が上がる部屋を作ることができます。
特に運気に影響してくるのは物の大きさにもよってきて代表的な風水アイテムで大きいものはカーテンにラグです。このようなものの色や形で運気も変わってくるのですが、壁紙も今や簡単に個人で変えられることから風水アイテムとして取り上げられています。
部屋全体に大きくある壁紙は運気が上がる部屋を作るのに重要になってきます。

1.寝室
寝室は寝ている間に運気を体内に吸収させる部屋なので部屋のコーディネートは重要になってきます。
緑色や青色は眠りを誘う色なので、一般的にはこの色がお勧めです。
南西、北東、西、北西にある寝室には茶色やベージュがベストで白は安らぎがなくなるので、寝室には不似合いなので壁紙には不向きです。
ブラウンは温かみがあるので、いごこちがいいと感じる色となっています。

2.トイレ
トイレは家の中で一番厄がつきやすく注意すべき場所です。
東南のトイレはイエローやグリーンが良いでしょう。南のトイレはパステル系の色、南西の家は明るさが必要なのでイエローグリーンなどいいです。
トイレの悩みに臭いにありますが悪臭は風水では邪気とされていています。
なのでアンモニア臭の対策や、防臭効果のある壁紙を使うなど、悪臭対策を行うことも大切です。

3.玄関
玄関は清潔にすること、広くしておくこと、最後に明るくしておくことの三点を守らなければ良い運気が入ってきません。
なので様々な気が入ってくる玄関は明るい印象に壁紙でしなければなりません。
色で言えば薄いピンクやクリーム系、白系の物が良いとされていますし、玄関は梅雨の時期などに湿気が溜りやすくもなるので壁紙には防カビ防臭効果のあるものを使うことも運気の向上に繋がります。

リビングの色で風水パワーを発揮!ラグやカーテンで恋愛運をコントロール

風水ではリビングは家族の集まる所でもあり家具も多いことから運気を大きく左右する風水アイテムのたまり場と言ってもいいです。

そんなリビングで運気を変える、または見直すのに一番簡単に変えられるものは、カーテンです。
カーテンは特にリビングでも面積の大きい物なので風水での色の効果を大きく出してしますものとなっています。
そんなリビングに効果的なカーテンの色は、北側のカーテンなら風水上、北の水の気がリビング全体を冷やしてしますので温かみのあるオレンジなどの暖色系が良いとされていますし、恋愛を含め、人間関係運を向上させてくれます。
西側のカーテンなら、西の金の気を上げさせるために黄色のカーテンが効果を高めます。
東側のカーテンなら、恋愛運を高めるためにピンクのカーテンをつけ可愛くコーディネートすることがお勧めです。
ただ濃いピンクではなく、ベージュっぽい優しい風合いのカラーの方がより運気を上げてくれます。
南側のカーテンには、ブルーがよく仕事運がUPして、出世に繋がる効果があります。

次に、カーテンのように面積を大きくとっているものはラグです。
ラグを敷くことによって大地から良質のエネルギーを得られるかどうかを左右する重要な風水アイテムともなっています。
リビングのラグを選ぶ際は素材や毛の長さにも注目し、毛足の短いものは長いものに比べて部屋の気を安定させると考えられています。
毛足の長いタイプのものは陰の傾向が強く、長い毛足に悪い気を停滞させる傾向があるので、どうしても毛足の長いタイプのラグがお好みだということであれば、ダークカラーではなく白など明るいカラーを選べば、欠点を補うことができます。
ラグの形は正方形が陽の気が強い形となっており、さらにその上をいくのが円型のラグになっています。光が入りにくくちょっと暗いリビングであれば、正方形または円いラグを選ぶと良いリビングに生まれ変わります。

風水パワー全開!3分でわかる「ベッドの位置」と「窓の位置」

風水での寝室と言うのは寝ている時に一日に溜った運気を体内に取り込む大切な役割のある部屋となっている為、風水の中でもインテリアや間取りには気をつけなくてはならないところとなっています。

まず簡単に行える風水の対策ですがベッドの位置です。
置いてはいけないベッドの位置は人が出入りするドアの真正面です。
寝室でも気が入ってくるところはドアからなのでその真正面にベッドを置くと気の影響を強く受けてしまい、悪夢をみたり、健康運も悪くなります。
ドアに足の裏を向けて寝るのも良くないので位置を変えるようにしてください。
どうしても部屋の構造上動かせない場合はドアとベッドの間にパーテーションやのれんなどの風水アイテム使い気の流れを和らげてください。

もう一つはベッドの位置を窓際にするのも良くありません。
頭を窓の方に向けて寝ると、屋外の騒音や風・雨の影響を受けやすくなり、睡眠不足になり寒い冬は、冷気の影響で冷えなどで健康被害が起こり呼吸器系の病気や婦人科系の病気になるリスクがあります。

そんな外からの影響が入ってきやすい寝室の窓の位置で北側にある場合はで、特に大きな窓の場合は北の冷気を防ぐために厚いカーテンが必要となります。
北サイドからの光は、充分取り入れる事ができませんから、照明器具を工夫して明るさを保ってください。また床材仕上げは暖かさを感じるカラーにする事です。
東側に窓の位置する場合は、小さな窓は良くありません。東は朝日が昇る方位で家を活性化させるすばらしいエネルギーを持っていますので、積極的に外気を室内に取り入れられるようにすることで睡眠の質も良くなります。カーテンは薄地の物にしてより多くの光を取り入れるようにしてください。
南側にある場合は、窓も大きくして太陽の暖かいエネルギーを充分に取り入れるように工夫する事が良いですが、直射日光は刺激的で落ち着きがなくなる傾向となるので、うすいレースのカーテンを取り付けるなどして柔らかい陽射に調整する事で健康面によい状態をもたらすようになります。
西側に窓の位置する場合は、西日が強く差し込む方位ですので、窓の設置場所を充分注意する必要があります。
大きな窓より、腰高の窓程度が良いとされていて、方位の影響としては、倦怠感が生じ、活力を失い怠け心が生じてくるようになります。
そこで和室であれば、内障子、洋室であればブラインドタイプ等の遮光調節ができ柔らかい陽射に代える工夫が必要となります。

風水のピンク色がヤバい!意味と方角の基本※金運をアップする裏技

風水では部屋のカラーコーディネートを変えてみたり、インテリアグッズを置いてみたりして、お金の巡りは大きく改善され金運を呼び込みます。

風水では、西の方角の意味は金の気が強い方角と言われており、季節で言うと収穫の秋も金運と関係します。
金運を上げるには部屋の西の方角に黄色のインテリアグッズを置くことで、黄色は土の気を持つ色なので、土は金を生み出すという考え方から、西が持っている金運を強めることができると言われています。
また、貯蓄運と密接な関係がある西の方角なので通帳や金庫といったお金に関係する物は部屋に西側に置くのが良いとされています。
お財布なども、無造作にテーブルに放置したりバッグに入れっぱなしにしたりせず、置く場所を決めて管理すると良いです。

それと金運に効果的な色として金色や黄色が取り上げられていますが、ピンクも風水上、金運に繋がる色なのです。
風水でピンクは良い人間関係を象徴する色で金運とは離れていると思うかもしれませんが、人間関係を築きあげて生活の豊かさにつながります。
そのことからピンクは良好な人間関係から仕事運などを上げてくれて金運を運んでくる色なのです。
ピンクの財布の効果には、女性らしさや母を象徴するときによく用いられる色なので、ピンクに「育てる」という意味が含まれていることから、風水でお金の住みかといわれる財布をピンクにすると、子供を見守る母のような優しく温かい気持ちでお金を育てることができるのでダイレクトに金運が向上します。

ピンクでも色の濃さで効果が異なり、濃いピンクほど効果が強くなっていきます。
濃いピンクは、ここぞという勝負時におすすめで華やかで活動的になり積極的に人間関係を広め金運を呼び込みます。
そして何よりピンクには恋愛や結婚運があり未婚の方には玉の輿や既婚者には主人の収入アップに繋がる効果もあり相手にも金運の効果が上がるような意味もピンクにはあります。