風水学※3分でわかる!「南の玄関」と「北の玄関」の比較

風水では北の玄関は良い方角ではないと言われています。その理由は北の方角は水の気を示すからです。水は良い運気やご縁までも流してしまうと考えられているからです。また、水は冷たいというイメージからも良くないと言われるのです。もし北の玄関の家を買ってしまったり、借りてしまった場合でも、風水のアイテムを使うことにより悪い気をなくすことができます。まずは照明を使い常に明るくしておきます。北は日当たりが悪い為薄暗く感じる物ですから、常に明るくしておくことで良い気が入るようになります。

次に玄関マットを質の良いふわふわ感のあるものにします。色はアイボリーや黄色、オレンジなどにします。水のイメージとは反対にするのです。
さらに観葉植物を置きます。北は植物が育つには良い環境とは言えませんが、寒さに強い物がありますので、それを選びます。植物をおくことで、北の玄関の良くない気の流れを調整し、良い気を呼び込んでくれます。

逆に南の玄関は火の気を持っています。玄関で火の気が強いとせっかく入ってくる良い気を燃やしてしまいますので、注意が必要です。南の玄関も観葉植物を置きます。この場合は、植物の木の気が火の気を和らげてくれるからです。また、玄関マットは北の玄関とは逆にブルーやグリーンといった寒色系にします。少し冷やしてあげると言うことです。しかし、南の玄関は社交性には良い方向ですから、人付き合いの苦手な人には良い方角となります。また、人が訪ねて気安い方角でもあります。

南の玄関と北の玄関の比較は、そこに住む人によっても変わります。静かに過ごしたい人には北の玄関、活発に活動したい人には南の玄関が向いています。
どちらの方角の玄関であっても、風水で良いアイテムとする鏡を置いたり、生花を飾ったりします。また、逆に風水で悪いとされる、汚い玄関や湿った玄関にはならないように注意するのは、どの方角も一緒です。

風水では東南に大警戒!リビングと寝室の運気を3倍上げるテクニック

風水では方角によって意味や運気などがあり、その方角の色や相性のいい色がありこれらは風水では基本となります。

風水から見た東南の方角について説明します。
風水では木の気を持つ東南は別名で風の方位とも呼ばれ、風が流れ込む方角とされています。
この方位がプラスに動くと、創造性、人間関係、バランスの良い発展、良い旅行などがプラスされマイナスに動くと、頑固、批判拒否、休憩不足などの人のことを聞かないような性格になってしまうとされています。
また東南は風に乗って、様々な縁を呼び込む効果があり。すべてのことは、あるきっかけが元に発展していくものですので、そのきっかけを与えてくれるこの方位はとても大切です。

南東のリビングは風が流れ込む方角とされていますので、縁で円を呼ぶリビングと言われており、人間関係に影響するので友人や人に恵まれて、来客の多い楽しい家庭を築けます。家具も明るめの木製のものを選ぶのが好ましいと言われており、カラーは金運の黄色をはじめ、明るいものなら何でもかまいませんが、派手すぎる色柄は避けたほうが無難です。
風水的には大吉のリビングなので家族や来客がくつろげるよう、ソファやテーブルも使いやすいものや上質なものを意識したてそろえると良いです。

東南の寝室は、さわやかな光と風がそよぐ効果のある南東で寝ると性格もさわやかになります。
周囲から好かれ物事が効率よく進むようになり観察眼や洞察力が鋭くなるのも特徴で恋愛や対人面でのミスが少なくなります。
汚れて悪い運気が溜ると、お調子者、口先だけの軽い人に見られてしまう恐れがありますので、特に悪い気をこまめな換気で消すように心がけすようにしてください。
寝室に良いインテリアは、木と相性がいいのでフローリングにしてカーペットを敷くなら淡いトーンの花柄が運気を上げます。
グレーや黒などのモノトーンでまとめると、人間関係がさびしくなり東南には好ましくない色なので取り入れないようにしてください。

風水学※庭の方角を今すぐチェック!3分でわかるガーデニングのポイント

風水と言われると家の間取りやインテリアからレイアウトと家の中のことだけだと思うかもしれませんが庭も家と同じなのです。
特に運気を高めたいなら庭にこだわることで庭の植物が新鮮な気を呼び込む力や邪気を取り払う力が込められているのでよくなります。
また草花や木は金銭運との結びつきが強いため、お金で苦労したくない人は庭作りや手入れから始めてみるのもいいです。

風水術を実践する場合、まずは庭の位置を把握する必要があります。
火は南、水は北、土は南西・北東、金は西・北西、木は東・南東となりますので、火は赤色、水は黒または青色、土は黄または茶色、金は白色、木は緑色となっているのでその色の植物を育てるとより良い運気を吸い取ってくれます。

運気ごとのガーデニングの植物では、恋愛運や結婚運を上げるには香りがポイントになってきますので、ジャスミンやラベンダーなど香りの良いもので花が咲く植物がおすすめです。
人間関係運には葉が揺れて風を感じさせてくれるような植物が良く、風通しが良い場所や風通しが良くなるような置き方にすると効果的です。
健康運や家庭運を上げるには土の気を意識すると良いので、ガーデニングと言う行動が土の気を吸収しパワーをもらえます。
ベランダでは土の気を持っている陶器製のプランターで根菜類や実のなる植物などを育てると健康運アップに効果的です。
美容運は基本的には見た目が綺麗で美しいものが良いとされており、美肌になりたいなら緑の多い植物を置き、ダイエットしている人には上に向かって伸びる植物がおすすめです。

庭での風水アイテムは金属製品が良いとされています。
文字通り金ですので、その要素を含むアイテムを置けば金銭運向上に期待でき、金属製品のガーデニング用の金属イスやテーブルや置物などを置いてみるのも風水的に効果的です。

断捨離効果※風水の金運を5倍高める3つのテクニック

風水では物に対しても気が司っていて例えば観葉植物などの生花は癒しの効果などがあり風水の代表アイテムとして使われていますが、そんな植物も枯れてしまっては効果もなくむしろ邪気が溜ってしまい今度はわる気を発生させるものに変わってしまします。
このように良い運気を持ったものでも悪い運気を持った物に変わってしますことがあります。

家にも不必要なものがあり断捨離することで運気も大きく変わってきます。

1.玄関
玄関は清潔にすること、明るくしておくこと、もう一つは広くしておくことの三つが重要になってきます。
そこで玄関の断捨離を行うことによって物が無くなり広くなり幸運が入りやすくなってきます。
特に玄関で捨てた方が良いものは使わない靴です。もうはかないけどもったいなくて捨てられないというものがあるかもしれませんが、古い物には悪い運気がつきやすいので早めに捨てるのが鉄則です。

2.服
服と言うのは自分自身のコーディネートをして自分を表すアイテムの一つでもあるので運気としては恋愛運の効果に繋がります。
そのために使わなくなった服をいつまでも置いていると恋愛運は上がりませんので恋愛運を上げたい方は積極的に断捨離を行うようにしてください。

3.机や本棚
机や本棚も断捨離をすべきところです。
特に会社などの机が汚いと仕事運も減り金運にまでも影響してきます。
まず机の上のいらない物を捨てます。もちろん机の中も捨てるものは捨ててください。
捨てることで机の中にもスペースが空き風水ではそのようにいらないものを捨ててできたスペースには幸運が入り込むと言われているので仕事運や金運が上がる効果が得られます。
本棚も同じで断捨離を行い不要なものを捨てることも良いですが、巻数がバラバラだったりジャンルが違うものが入り混じっていたりすると風水での気の乱れが生じ金運や健康運、仕事運と全体の運気に影響が出るので気を付けてください。

風水学『掃除と運気の関係』※超簡単!5つの開運テクニック

風水では掃除と運気の関係性と言うのはかなり重要になってきます。
良く知られているのが、年末の仕事場や家で誰もが行う大掃除も新年の運気を上げるために行われていて、1年たまった邪気を払うという意味があるそうです。

1.床
邪気は低いところや隅っこにたまるそうなので、まず床掃除は運気を上げるのに大切なポイントです。特に床は家全体にあるので運気としては家運となり全体の運気に繋がる運気となっていますので掃除と運気の関係と言う意味では一番繋がりが深いとこと言っても良いです。

2.玄関
玄関は家の顔とも言えますし、運気の出入り口で玄関の掃除と言うのは風水でもまず初めに取り掛からなくてはならないところとなっています。
さらに玄関は朝に家を出る時と、家に帰った時に目にしますので、良い一日のスタートを切るのには玄関の掃除をして運気を上げる必要があります。
そのことからわかるように玄関は床と一緒で全体の家運も上がりますが仕事運にも関係してきます。

3.お風呂
お風呂場は体をきれいにするところですので、日々溜った悪い気も流れていくところなので徹底的に掃除をするようにしてください。
特にお風呂場の鏡や蛇口、シャワーなど光る場所をピカピカに磨くことでビューティー運気がアップして、風水で言う恋愛運気が上がると言われています。
また排水溝が汚れで詰まっていると運気も詰まりますので気を付けてください。

4.台所
台所掃除は女性の運気を上げるのに大切なポイントです。
コンロや換気扇が油で汚れていると女性の健康運を損ねると言われていますし、水垢は金運ダウンすると言われています。
キッチン周りの水垢はこびりつく前に定期的に掃除するようにしてください。

5.寝室
掃除と運気の関係で重要な個所の一つは寝室です。
寝室は寝ている間に一日に溜った運気を体内に取り込む大切な場所なので寝室が汚いと他を綺麗にして運気を高めていても意味がありません。
なのでシーツ、ベットカバーなどはきれいに洗濯して干すようにし、寝室には風水アイテムの緑のものを置くと空気を浄化し、良い気を運んでくれ、寝ている間に取り込むことができます。

風水学で黒色の意味は?※3分でわかる黒と相性が良い色

陰陽五行説とは陰陽思想と五行思想が結びつきできたもので、風水や四柱推命の起源にもなりさまざまな形で今でも多くの物に取り上げられています。
その五行思想では、森羅万象すべての要素が木・火・土・金・水の五つの要素にわけられ、色をはじめ表せることができます。

風水においても色はとても大切な意味を持っており、風水でのインテリアや家具や物などの色でも大きく運気が変わってきます。
その中でも黒色と言うのは、無彩色の中でも特に強い色で、白と同じく他の色を引き立てる効果があります。
白がその色の持つ運気を強めるのに対して、黒はその色の持つ運気を引き締めるという意味があります。
黒は良く悪い意味でとらえられがちですが、悪い意味ではなくきっちりと確立するようなイメージを持ってもらえるとわかりやすいです。

黒の意味には秘密・孤独・頑固・プライドと言ったマイナスな意味が強い感じがします。
特に冠婚葬祭では黒い服装が主流とされていますが黒が持つ格調高さ、気品があることで場の空気をピりッと引き締めてくれる色ですから、大事な場面では黒が多用され今でもこのように風水の意味が残っています。

風水では黒は水の気を持つ色で水の気が象徴する秘密を守る、信頼感といった運気に直結します。
黒の方角は水の気を持つ北の方角になります。ただしこの方位に黒を多用しすぎると陰気な水の力を引き締めすぎてしまい暗いイメージが強くなりますので気を付けてください。
黒と相性の良い組合せの色は緑です。
ライトグリーンなら金運や仕事での成功、深緑なら健康運が強くなります。
他にも黒に赤、オレンジやピンクなどの暖色系をあわせると愛情と家族に恵まれ恋愛運アップや家庭運アップが期待できます。

アイテムでも財布で黒の財布の意味はお金の流出を止めるという意味があるので金運が上がったり大金を手に入れることはできないかもしれませんが、ある程度の財産、金運をキープする上では有効な色でもあり、成功者は黒い財布を持つというジンクスもあるほどです。

風水では北の玄関に要注意!運気を上げる置物を教えます!

風水では玄関と言うは運気の出入りするところでもあるので重要なところとなっています。
また玄関の方角によっても様々な意味や効果、運気などがあります。

北の玄関についてですが、北と言う方位は風水でいうと水の気を持つ方位となり、悪いものを流す効果のある水の気ですが、冷えやすいといった難点もあります。
体が冷えると体調が悪くなるように気の流れも悪くなるので北にある部屋をコーディネートする場合は、冷え対策をしっかり考えないといけません。
北の方位がプラスに働くと、平静、柔軟性、自立心、創造力、精神的な成長がおこりマイナスに働くと、孤立、寂しさ、不安感、出不精といった症状が強くなります。

そんな水の気は良い運気やご縁までも流してしまう、また「冷たい」といったイメージがあるため良くないと言われているようですが、北は金運の方位でもあるので北の玄関にお財布を置いておくとお金が貯まりやすいなど良い面もあります。

より北側の運気を上げる置物として効果的な風水アイテムは玄関マットです。
玄関マットは風水で言うと家から帰ってきた際に悪い運気を払ってくれる効果があります。
北側の玄関の場合、冷えのイメージがありますので、ふわふわしたマットで肌触りの良い温かみのあるマットが良いです。
他にも寒さに強い観葉植物を置くことも良いとされています。
植物は、風水において場所のエネルギーを整えてくれる力があると言われていますので、特に凶とされている場所に置くことで、良くない運気を調整してくれるのです。
そのため、北側の玄関に観葉植物を置くことは良くない流れを調整し、良い運気を呼び込んだり、また悪い運気をうまく循環させてくれたりといった効果が生まれます。
しかし、北にある玄関は日当たりも悪く寒いため、植物が育つのに決して良い環境とは言えません。
選ぶとすれば、寒さや日陰に強い植物がおすすめです。そしてたまに日に当てて力を蓄えさせるようにしましょう。

風水の玄関方位を徹底解説※8つの方位の運気を教えます!

風水では玄関と言うのは気の出入りするところでもあり風水学上何よりも大切なところで初心者の方でも風水に詳しい方でも玄関と言うのは永遠のテーマとなっています。
そんな玄関は方位によって意味や運気がそれぞれ異なります。
そのことをよく理解していると家運も大きく変わってくるのでまずは方位の意味や運気などを勉強してください。

北の玄関は、風水的にみると水の気を持つ方位で、悪いものを流す効果のある水の気ですが、冷えやすいといった難点もあります。
プラスに働くと、平静、柔軟性、自立心、創造力、精神的な成長がおこりマイナスに働くと、孤立、寂しさ、不安感、出不精といった症状が強くなります。

北東の玄関は高さを持つ山を表す方位です、プラスに働くと、自発性、競争心、人生の指針、勤労意欲などが沸きマイナスに働くと、不眠&悪夢、イライラ、自己中心的、急な対応などの作用が出てきます。

東の玄関は木の気を持つ方位で若さや発展など、木の成長を連想させるほういでもあり、プラスに働くと、自信、行動力、観察力などが強まりマイナスに働くと、せっかち、中途半端、過労などの作用が出てきます。

南東の玄関は風の方位とも呼ばれ、風が気を流れ込むようにする方位とも言われています。
プラスに働くと、創造性、人間関係、バランスの良い発展、良い旅行などがプラスされマイナスに働くと、頑固、批判拒否、休憩不足などの人のことを聞かないような性格になります。

南の玄関は火の気を持つ方位で、プラスに働くと、情熱、社交性評判などがよくなりマイナスに働くと、別離、ストレス増加、感情を抑制できないなどの作用が出てきます。

南西の玄関は土の気を持ち、低い地面を意味する方位で、プラスに働くと、家庭の調和、友情、節約などに効果があらわれマイナスに働くと、停滞感、依存心などが強くなってしまいます。

西の玄関は金の気をもっている方位で、プラスに働くと、蓄財、恋愛感情、娯楽、満足感が高まりマイナスに働くと、浪費、無気力、現実逃避などの嫌な効果が出てきます。

北西の玄関は天を現す方位で、プラスに働くと、責任感、リーダーシップ、信頼感などを得られやすくなりマイナスに働くと、傲慢、独善的、権威主義といった感じが強くなってしまいます。

風水では玄関の水槽がNG?熱帯魚の水槽の電磁波に要注意!

風水では玄関と言うのは運気が出入りする大切なところなので、玄関は常に清潔にしておかなければなりません。
玄関は広く明るく清潔にが風水での心得ともなっており物を多く置くことは風水上よくありませんが、置くものによっては運気を上げてくれたりもしてラッキーアイテムになるものもあります。

玄関での風水アイテムの一つに水槽があるのですが、熱帯魚などを飼っている方は玄関に置かれていることが良くあります。
風水では水槽というアイテムは水の気「海」を表していて金運に密接な関係があります。

しかし玄関に置くには水槽より金魚鉢の方が好ましいです。
金魚鉢よりも大きい水槽は玄関の空間を狭くしてしまいます。それに水槽で熱帯魚を飼っている方はモーターの駆動音などが不快感を出しますし、モーターなどの機械類と言うのは電磁波を出すので運気に影響してきます。
また水槽は角ばった形をしているため、角は鋭い気を発生させるので玄関に置くと家運が下がる恐れがあります。
なので形的にも丸みを帯びた金魚鉢のフォルムの方が開運に繋がります。

水槽や金魚鉢などを置かれる際は、こまめに清掃してください。
玄関においてある水がよどんでくると健康運に悪影響を与えてしまいます。定期的に水の入れ替えを行ってください。特に北の玄関は水の気をもっているので水槽などの気を増幅する効果もあるので悪い影響が増幅しないように気をつけてください。

金魚鉢はキラキラと輝くものなので、クリスタルの特性と少し重なります。クリスタルは鏡も同じ効果を発揮するのですが運気を増幅するパワーがあります。
なので金魚鉢も同じなので中の水もこまめに変えることも大切ですが、金魚鉢も綺麗に磨くようにしてください。
相性のいい方角は水槽は水の気を持っていますので木と金の方角と相性が良いです。
方角としては、東、南東、西、北西の玄関に金魚鉢を置くとより効果的です。

風水学の金色の意味※5分でわかる金運アップの必勝法

風水では色はとても重要な意味を持っています。
それぞれ色には作用する運があり、緑色が健康運、青色・濃紺は仕事運、恋愛運がピンク・白など。
そして、金運といえば黄色、そして金色です。
金色は、風水でお金や財産などを意味しています。
古代のエジプトやマヤ文明などで金を使った装飾品が見つかっています。
日本でも足利義満が金箔で外壁を飾った金閣寺を建立しています。
いずれも、自らが持つ強大な富を誇示するためのものです。
つまり、昔も今も、富を象徴するのは金なのです。

風水では金色のアイテムを身につけたり、インテリアに取り入れることで財産や富を手に入れることができるとされています。
では、どのような取り入れ方があるのか。女性であれば、ネイルに金色を使ったり、ゴールドのアクセサリーを身につけたりと簡単に取りれることができます。
また、金色のお財布はお金が入ってくるとされています。
地上のすべてのもののエネルギーの源である太陽の光、金色は太陽の光の象徴です。
そのため、金色の財布はエネルギーを集めて吸収し、その中にしっかりと蓄えてくれるのです。
さら、新しいことにチャレンジしようとしている人を手助けしてくれます。
金運アップに絶大な効果を発揮する金色ですが、悪影響を及ぼすことがあります。
金色のエネルギーとパワーは、お金が入ると使いたくなってしまう、浪費癖がついてしまいます。
ギャンブル好きの方には、金色の財布はあまりおすすめできません。

風水では、方角と組み合わせることでさらに金運アップすることができます。
金運といえば西の方角で風水では基本とされています。
そのいわれについては、昔、天皇が、中国へ風水パワーにあふれた橘の木を取りに行かせたことが元になっているとされています。
西からやってきたものは西に置くという風水術に従って、橘の木を宮殿の西側に植えたのです。橘の実の色は黄色。これが西に黄色の元になりました。
西の窓に黄色や金色が入ったカーテンをかけるとか、金色の絵や置物を飾るなど方位と風水アイテムを使って金運アップにつなげたいですね。