風水で黒色は金運カラー※超意外!黒の財布で運気を上げる方法

黒というのは人気が高い色です。

男性は、黒い服を着る人が多いですし、部屋のインテリアに統一する人も多いと言えます。

また、男性の財布の定番色と言えば黒色です。

でも、金運色と言われる金色や黄色や白とは全く正反対の色です。

だから、金運を下げるような気がしてしまいます。

しかし、それは間違いです。

金運と黒は相性がいいのです。

風水における金運は、陰陽五行の5要素の相性によってきめられます。

たとえば、金運と赤色は最も相性が悪いとされています。

理由は、金を火が溶かしてしまうからです。

赤色は火をイメージするため、赤色の財布は、金運をダウンさせる最悪の財布とされています。

また、オレンジ色も、火をイメージするので、金運にはよくありません。

オレンジ色と黄色は似たような色ですが、似て非なる物なのです。

さて、黒色は何を象徴するのでしょうか。

実は、水を象徴します。

底が深い湖や沼の色と考えるとわかりやすいかもしれません。

水と金は実は相性がよいのです。

金属の表面に、水滴が生じます。

つまり、陰陽五行思想では、金属から水が生じると考えるのです。

したがって、金と水、金運と黒色は相性が良いと解釈するのです。

だから、黒色の財布は金運をアップすると考えます。

財布だけではありません。

部屋の家具などを、黒にするのも、決して悪いことではないのです。

壁紙などを真っ黒にして部屋の雰囲気を「陰」にするのはよくありませんが、ソファーを黒にするぐらいであれば、大きな問題はありません。

しかし、日本の住居のほとんどは、南側に面して部屋を配置する傾向があります。

南は火を象徴する方位です。

太陽の光が降り注ぐ、火の方位。

この火を水は消してしまいます。

したがって、火の方位に黒色の家具を置くのはよくありません。

リビングや寝室が南側にあることが多い日本では、黒色の家具が運気をダウンさせることが多いと言えます。

風水の西のトイレ対策※3分でわかる!運気ダウンを避ける秘策

風水では、どこの方位にトイレを置いても、凶相です。

トイレは不浄の場所だからです。

凶相を避ける方法としては、各方位の正中線を避けるという方法があります。

つまり、真北を避けるとか、真北西を避けると言った具合です。

しかし、小規模な住宅の場合、間取りの都合で、どうしても、正中線上にトイレが配置されることがあります。

たとえば、西のトイレは、金運に悪影響を与えます。

西は、お金の象徴だからです。

風水では、各方位が陰陽五行説の木火土金水の5つの自然要素に割り当てられています。

北西と西は、金に属しています。

同じ金でも、北西は、金塊の金で、西はお金ことです。

したがって、お金の方位に不浄の場を設けることは、金運に直接、悪影響を及ぼすと考えられます。

では、西にトイレがある場合どうすればよいのでしょうか。

まず、考えるべきは、清潔さを保つことです。

風水が生まれたころ、トイレは汲み取り式でした。

昔は、汲み取りというほどの深い穴すらなかったかもしれません。

とにかく、極めて汚い場所だったのです。

それを、神がいる方位に設置するなどとんでもないと考えたのです。

西には白虎という獣神がいます。

獣神を汚すのは良くない。そう考えていたのです。

しかし、現在のトイレは、水洗便所で、衛生的には昔と比べ物にならないくらい綺麗です。

ですから、昔ほど、大きな害はないと考えることも可能です。

とはいえ、なるべく、トイレは綺麗に保つべきです。

西のお金の神様へに敬意を払う必要があるのです。

ですから、頻繁に掃除をする必要があります。

また、トイレマットや便座カバーの色を、黄色にするというのも一つの手です。

黄色は、土の象徴なので、土から金が生じると考えることができます。

最近の風水では、黄色を金の象徴として扱う流派もあるようです。

何れにしろ、黄色は、金運を高める色なので積極的に使うべきです。

風水警報!リビングの水槽で熱帯魚を買うと運気が落ちる?水槽で金運アップする秘策

熱帯魚を家庭の水槽で飼っている家庭は多いと思います。

しかし、風水的には、この水槽のついて諸説あります。

風水師の中には水槽=不浄と考える人もいるようです。

現代の風水師は水回り=不浄の場と考える人が多いのです。

しかし、本来は、水=不浄ではありません。

水は、生活になくてはならないものですから不浄なわけがありません。

しかし、水槽の場合、清潔さを保つことができない場合、不浄物になる危険があるので注意してください。

ヨゴレがあったり、匂いが強いようなら、運気を間違いなく下げると考えてください。

清潔な熱帯魚の水槽であれば、単純に陰陽五行の水の気を帯びる物質と捉えます。

水と金は相性がいいので、金運を上げる作用があります。

しかし、注意すべきは方位です。

たとえば、南のリビングに水気のものを置くのはNGです。

太陽が降り注ぐ南は、火の気を帯びると考えるからです。

南は、芸術などを象徴する方位ですが、その運気が水槽の水によって邪魔されてしまう危険があるのです。

このように、風水では、常に、陰陽五行説の相生と相克を意識する必要があります。

火と水の関係は、水克火と呼びます。

水が火を克する、つまり、水が火を消すと考えるのです。

ちなみに、水と相性が良いのは、木です。

木は水を吸って育つからです。

方角で言うと、東と南東が木性の方位です。

ですから、昔は、東や南東に池があるのは吉相だと考えられていました。

(最近は、池=不浄の場と考える風水師が多いです。)

とにかく、もし、水槽を不浄物ではなく、水気を帯びる物質と考えるのであれば、東や南東に配置するのが良いと言えます。

少し話が変わりますが、金魚は金運をアップすると言われています。

単純に「金」の文字が入っているからです。

しかし、風水的思考で考えるなら、赤い金魚は良いとは言えません。

赤い火は金を溶かすからです。

金魚を飼う時は、色を意識するのも重要です。

風水の南リビングは金運NG?!たった3分でわかる、運気をコントロールする方法

風水では、南のリビングは吉相です。

太陽の光がよくはいる理想的な場所と言えます。

リビングの窓から良い気を入れて家の運気をアップすることができます。

しかし、よく考えて見ると、南は陰陽五行の火に属する方位です。

陰陽五行説では、火は金を溶かすので、金運をダウンすると考えられています。

したがって、南というの金運を考える上ではNGになるのです。

しかし、風水は、金運だけを重視するわけではありません。

各方位には、それぞれを象徴する意味や運気があります。

それらの運気を高めるようにするのが風水的思考法です。

つまり、南のリビングのインテリアを考える場合、南の特性、例えば、芸術運を高めるように考えるのです。

そのためには、火性を高める必要があります。この火性を高めたからと言って、金を溶かす火が強くなるとは考えません。

単純に、芸術運を高めると解釈します。

火の勢いを強くするのは木です。

火が燃えると火が強くなるからです。

したがって、緑色のカーテンやラグやソファーとの相性が良いと言えます。

その他、土の色である黄色のソファーを使っても構いません。

なぜかと言うと、火が燃えつきると土になるという論理から、火と土は相性がいいと風水では考えるからです。

では、逆に、運気の妨げになる色は何色でしょうか。

ズバリ、青と黒です

青と黒は、水を象徴する色です。

つまり、火を消してしまうと考えるのです。

したがって、黒のカーテンを南のリビングの窓につけるのは好ましくありません。

青については、諸説あります。

ここで、言っているのは、水の色としての青です。

しかし、風水では、木の象徴色として青が用いられることもあります。

緑色の葉を、青々とした、、、と表現するように、青が木の象徴になることがあります。

もし、木の象徴であれば、木が燃えて火の勢いが強まるので、運気が上がります。

しかし、厳密に色が定義されているわけではないので、青色は使うのを避けるのが無難と言えます。

風水※北西のリビング対策※インテリアの色で運気を3倍アップする方法

リビングは、玄関やトイレやお風呂のように、方位が重視されません。

玄関は、気の入口として重要で、トイレとお風呂は不浄の場なので部屋の配置に注意が払われます。

それに対してリビングは、特にダメな方位が決められていません。

ただし、日本人は昔から、南側信仰で、窓を南に配置して、南面の家を配置する習慣があります。

また、風水でも、リビングの窓は気の入口として意識されることがあり、南の太陽の気をふんだんに取り入れるのが良いと解釈されることもあります。

それに比べると、北の部屋は、好ましいリビングの配置とは言えません。

また、西日は昔から不快だとされ、西日を受ける窓を作らないというのが、大工さんたちの常識です。

では、風水的に北西のリビングはどうなのでしょうか。

北西は、金の方位です。

つまり、北西の部屋は、金運を考える上では、とても良い方位と言えます。

では、金運をさらに高めるにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、色彩計画に着目します。

北西の部屋は既に金気を帯びています。

その金気を高めるのは、土の気です。

金は良い土の中から生まれるという論理です。

したがって、土の色である、黄色や茶色のものがあると、金気が高まります。

例えば、茶色の家具や黄色のクッションなどを利用すると金運が高まります。

また、金気の比和を意識する方法があります。

つまり、金気の方位に金気の家具やカーテンやラグを置くという手法です。

金気を象徴する色は、金色、銀色、白色です。

これらの色のソファーやラグやカーテンがあると、金気がぐんぐんと上がると考えます。

逆に、金気を下げるのは、赤色です。

赤色は火の象徴なので、金を溶かしてしまうと考えます。

ですから、北西の方位のリビングに赤色のカーテンを付けたり、赤色のソファーを置くのはよくありません。

どの方位であっても、基本的に、金運や財運を重視する方は、赤色は使うべきではありません。

冷蔵庫にマグネットやメモを貼るのは絶対ダメ!悲惨すぎる風水の凶害

風水ではトイレやキッチンなどの水周りの整理整頓と言うのは基本中の基本と言えます。
その中でも見逃してしまいがちなのが冷蔵庫です。
冷蔵庫も水回りの一部であり綺麗にしておかなければ良い風水の運気は舞い込んできません。

特に冷蔵庫でよくやられているのが
冷蔵庫の扉にメモやレシピなどをマグネットで張りつける行為ですが良くありません。
見栄えが悪くなりゴチャゴチャした印象を与えて運気を下げる要因となります。
それにメモを貼ると掃除もしにくくなり、これが汚れの原因にもなるのでさらによくありません。

風水上では冷蔵庫は水の性質で貼るためのマグネットは金の性質なので、水と金属で反発しあいマイナスのエネルギーを生じやすい環境を作ってしまうので気をつけなければなりません。
マグネットやメモ以外にも恋人や家族と撮った写真などを貼ることも良くありません。冷蔵庫の水の冷やしてしまう気が恋人や家族との関係性までも冷やしてしまうことにもなりかねないので貼るのは好ましくないです。

他にも風水上では冷蔵庫は水の気を持ち、中に入っている食材は金の気をもっています。
なので冷蔵庫の中が汚れていたりすると悪い環境が悪い運気が増し金運が下がっていき金運を消耗しやすい体質になっていきます。
それに必要以上の食材を買い込んでしまうと使い切れずに、捨ててしまう羽目になり貯蓄運に影響が出てくることにもなります。

その他に冷蔵庫の上にレンジを置くことも良くありません。
冷蔵庫は「水」の気を持ち、電子レンジは「火」の気を持っています。これはキッチンのコンロの火の気と水道の水の気が良くないのと一緒でこれらは相反する気なので、そばに置くのはあまりよくないのです。
置かないことが一番いいのですがどうしてもおかないといけない場合は、間に木の板をはさむと木の気で火と水の気が中和されるからです。

風水の緑色パワーがヤバい※意味と方角を正確に把握して3倍の運気を獲得する

風水は方角によって特性や意味、色などを持っており、それに合わせて物の配置などを考えていきます。

色の中でも緑色は癒しの効果があります。
自然や癒し、親しみを伝えたいときなどに使うと効果です。
緑色の木の気が水を吸い取るパワーがあると考えられており、体内にたまった毒を解毒してくれるのです。
また緑の象徴でもある自然を感じさせる物であれば匂いでさえも同じような効果を発揮します。
檜の香りの入浴剤や芳香剤がその代表となっています。

風水での緑色の意味には安らぎと健康・安全・才能・強調・信頼・親しみがあります。
緑の力を取り入れるのにオススメなのが観葉植物です。
観葉植物も悪い気を吸い取り良い気を出してくれる効果があるので、玄関や寝室などに置くと悪い気などを中和してくれます。
生命力の源でもある植物と風水の関係は深い物があり心身をリラックスさせてくれるだけでなく様々な恩恵を得ることが出来ます。

緑色の方角は東です。
ただ濃い緑色は南東で、東は若葉のような明るい緑色ですので間違えないようにしてください。子供は木の気をもっているので健やかな成長を願うのには相性の良い色です。

緑色と相性の良い色の組合せは、明るい青と組み合わせると金運アップを期待できます。また黒と組み合わせても相性がいいです。
ライトグリーンの場合は深緑と合わせることで恋愛運アップが見込めます。

風水的に緑色を好み人の特徴は、おおらかで柔らかい印象を持ち、素直で好き嫌いがなくいろんなタイプの人から好意を持たれることがあります。
そして成長願望が強いので優れて管理者になれる素質あり仕事運までも上がる傾向にあります。
しかしその反面、素直で謙虚な人という事を利用されて思わぬ展開に持って行かれたりする事もあり得るので多少は人を疑って警戒することも必要かもしれません。

本棚の置き場所で運気が替わる?風水のカラクリを3分で教えます!

風水では部屋にある家具の方角に合わせて物の置き場所を変えるだけでも運気と言うのは大きく変わってきます。

特に家や書斎やオフィスなどに置かれている本棚はこれも風水アイテムの一つで何気ない事で運気が変わります。
風水ではまず家や部屋の吉方位を出してその方向にあったものを配置したりするのですが、凶方位も出してその対策も考えなければなりません。
その凶方位の対策として一番簡単な方法は重いものを置いて凶を抑えることです。
凶方位にあたっている場所に本棚などを配置すれば、特に風水アイテムを買うこともなく対策ができます。
凶方位以外にも家の中で一番邪気を発する場所であるトイレと壁一枚で接している部屋の場合にも効果的でそのようなところを本棚の置き場所としても良いです。
特に部屋のインテリアバランスに違和感がないのであれば、このように風水対策として本棚を取り入れてみてください。

しかしただ本棚を置くだけでは風水対策にはならなくて、風水の基本の整理整頓は必ずしなければなりません。
オフィスの資料や自宅の本棚などを乱雑に置いていると、その場の気が乱れて仕事の効率が悪くなります。
本棚に並べている場合でも、種類や巻数がばらばらだったり、並べた上にさらに横積みしていれば、成長の気が妨げられその人の能力が十分に発揮できなくなります。
仕事では評価も伸びず、収入も頭打ちということににり仕事運までも下がってしまします。

本棚の置き場所として寝室に置くことは良くないので置かないようにしてください。
寝室は寝ている時に運気を吸収するところなので風水にとって大切な場所となっていますので、本棚などの大きく重たい家具などがあれば圧迫感をうみ、風水でいうと悪い運気が大きな本棚にぶつかって溜りやすくもなるので寝室に置かなくても整理できるのなら寝室から出しておくことが良いです。

北東(鬼門)の玄関対策※3分でわかる風水の凶害を防ぐコツ

北東の方角は鬼門と言われ、すべてにおいてよくない方角といわれています。
古代の中国では鬼門は鬼が出入りする方角を差し、その鬼とは北東の方角から度々襲ってくる騎馬民族や北東の方角から吹いてくる季節風が大きな自然災害をもたらしたことから、北東の方角を特に恐れるようになったという言い伝えもあります。
家相では鬼門、つまり北東の方角に玄関を作ってはいけないと言われています。
しかし、近年の住宅事情で、やむを得ずが玄関の方角になってしまう可能性はあります。
今回は、北東の玄関の風水的対策方法を解説します。

鬼門の玄関への対策で最も効果的な方法は、玄関に方位除けのお札を貼ることです。
玄関の高い位置にお札を貼って結界を張ると、玄関から悪い気が家の中に入り込んでくるのを防いでくれます。

次に風水で基本の掃除です。たたきは毎日水拭きをして隅にほこりが溜まらないようにします。
履かない靴は玄関にしまい整理整頓を心掛けることが大事です。
また、光の射す明るい玄関には悪い気は寄り付きません。
ただ、方角上、太陽光が入らない玄関には照明などを置いて明るくしてあげると良いです。

北東の玄関の邪気払いには、猿の置物がおすすめです。
南西の方角を意味する申(さる)は、鬼門である北東と正反対の方角にあたるので、鬼門の邪気を封じる効果があります。
また、申(さる)は「災難が去る(サル)」ともいわれ、邪悪なものを追い払う効果があるとも考えられているのです。

盛り塩は北東の玄関に置くと悪い作用を抑えてくれます。
塩は昔から清めの効果があり、日本では、奈良、平安時代にはすでに盛り塩の風習があったとされています。
盛り塩は塩を三角錐型あるいは円錐型に盛ります。

玄関には靴や汚れの嫌な臭いがこもってしまいがちです。悪臭は悪い気を集めてしまいます。
アロマランプや芳香剤などでよい香りを漂わせることで、玄関の空気を正常に保ってくれます。さらに運気アップも期待できます。

風水では運気アップアイテムとされる観葉植物。
北東の玄関に置くと、周りに漂う悪い気を吸い込んで、気を浄化してくれます。
また、観葉植物を飾ることで、暗くなりがちな玄関まわりが明るく華やかにしてくれます。
アイビーのようなツル系や歯の鋭くとがったものりも、歯の大きな慣用植物を選ぶと、さらに悪い気を浄化してくれます。

玄関が北東を向いているからと言って諦めずに風水を利用して邪気をはらい、さらに運気をアップしたいですね。

風水で宝くじが当たる!?「財位」の場所と金運&財運アップの秘訣

風水には財位と呼ばれる場所があり財の気となる金運・財運が集まるで、宝くじは財位に保管するのが風水では良いとされています。
その財位の中でも風水では、お金は暗いところで増えるという風にいわれているので、宝くじは静かで涼しい場所が良いです。
おすすめなのは、綺麗に片付けた寝室に置いてある棚や木製タンスの引き出しの奥深くへ宝くじの保管することです。

太陽の光が当たるところは良くありませんので、開け閉めの少ない引き出しに入れてなるべく抽選日までそっとしておきましょう。
引き出しの材質ですが、風水ではプラスチックは火の気を持つため、金運が燃やされてなくなると言われていて宝くじも当たる確率が下がってしまいますのであまり良くないので天然素材の木のものが良いです。
静かな時間もより長い方がいいので、騒がしくなりがちなリビングよりも寝室などがおすすめで、さらに観葉植物がよく育つ場所は良い気が多いので、こういった場所の近くだと宝くじの当たる確率も上がるので良いです。

他にも風水には、個人の生まれ持った本命卦というのがあり、本命卦は個人の生まれた年によって決まり、吉方位も本命卦によって決ますので、宝くじの購入は吉方位を活用する方法で宝くじの当たる確率を上げることもできます。
宝くじは、自宅や仕事場から見た時、最大吉の生気方位に位置する売り場で購入することと、宝くじの開運日の大安・一粒万倍日・寅の日・天赦日などに買うと当たる確率は上がります。
なので自分の持つ吉方位をだし開運日に購入し、財位の場所に保管するだけでも宝くじの当選確率が上がり金運が上がります。

他には金運アイテムと保管しておくのも方法の一つです。
気運アイテムは招き猫やカエルの置物と保管しておくのもいいですし、クリスタルや水晶などは悪い運気を吸い取り浄化してくれるのでともに保管しておくと宝くじの悪い運気もとってくれます。