風水では表札の素材(ステンレス、プラスチック、ガラス、木製)が運気を決める!

風水では物の性質や素材によって気が違ってきます。
例えば木製、紙製、綿、流行の物、テレビと言うのは木の気を持ち仕事運や勉強運に影響し、ビニール、プラスチック、化学繊維、ガラスは火の気を持ち直感力、芸術性などに影響し、陶器、磁気、和風のものは土の気を持ち結婚運、家庭運に影響し、金属、宝石、高級なものは金の気を持ち援助、金運に影響があり、水、酒、透ける素材のようなものは水の気を持ち恋愛運に影響し様々な効果などが現れます。

そんな物の中でも表札には様々な種類がありどの素材がいいのか迷うときがあります、特に表札はその家の顔とも言えるアイテムなので玄関風水でもとても重要なポイントです。
1.プラスチック製
風水では表札は天然の素材が良いとされている為、正反対のプラスチックは人工物なので風水では良くなく運気を燃やすと言われているのでよくありません。
また経年変化で割れたりキズが表札につくと運気が下がる理由の一つとなっているのでよくありません。
2.ガラス製
ガラスは割れやすい素材ということから家庭が「割れる」離婚や家族の不和などに繋がるなどの運気が下がる理由となっているのでよくありません。
3.木製
表札の素材としては自然素材の天然木で長方形のものが一番よいとされていて昔ながらの表札が良いとされています。
中でも縁起がよい素材はひのきなどで、日本の環境にあった素材と形は日本家屋の外観にマッチします。
しかし最近では洋風の家やマンションなども多く家の外観とマッチしないデザインの表札は運気が不安定になり、ちぐはぐなことが起きるようになってしまうそうなので風水上よくなので、デザインも家に合うものを選ぶのがポイントです。
4.ステンレス製
木製以外ならステンレスやセラミックなど、錆びにくい・壊れにくい素材が縁起が良いとされています。
ステンレスの表札だと今では値段も安ければ2000円くらいでも買えるのでお勧めです。

ポストに表札がある家庭もあると思いますがポストも表札と一緒でステンレスやセラミック系で錆びにくく汚れにくいのもので大丈夫です。

風水※寝室でチャックすべき3項目※壁紙の色に要注意!

風水では寝室と言うのは非常に重要な部屋となっています。
寝室で寝ている間に人は一日溜った家の運気を体内に取り込むところなので、その寝室が運気が低ければ当然良い運気が家にあっても幸運は体内に取り込むことはできません。なので寝室は風水に基づいてしっかりしとかなければいけません。

1.家具
家具の中で一番気にしなければいけないのが鏡です。
寝ている姿が鏡に写るとせっかく吸収している運が鏡の中の自分にとられてしまい運気が半減しますので配置に気をつけなければいけませんが、寝室のレイアウト上どうしても鏡に写りこんでしまう場合は、布などをかけておくなどの対策をした方がいいです。
他にも置かれている家具の角がベッドや寝ている自分をさしてしまうと角の鋭さで安眠につけないようになるのでそのようなときは観葉植物を置くことで鋭さを和らげることができるので置くことをお勧めします。

2.壁紙
壁紙にもいろいろな種類のものがありその部屋にあった材質の壁紙を選んでいいです。
壁紙の色によっても効果が違ってきます。
青色は気持ちを落ち着かせて、睡眠を促進する効果があるといわれています。
緑色はストレスを軽減して、心身のバランスを保つ効果が得られます。
茶色系は暖かい雰囲気の寝室になり気分が落ち着きます。
風水的にも北向きの寝室は水の気が強いと言われており冷えやすいというデメリットがあるのでクリーム系であたたかい雰囲気にすることで緩和されます。
東向きは木の気を持つので茶系やグリーン系の木を連想させる色も良いですが木を成長させる水のブルー系もおすすめです。
南向きは火の気を持つので落ち着いた色のベージュ系に観葉植物などをおいて、気のバランスを整えると良いです。
西向きは金の気を持つので壁紙には金を連想する黄色、白などで金運を上げることもできます。

3.布団カバー
風水上、布団カバーもアイテムの一つです。
特に布団カバーとカーテンとのバランスが大切でどちらも寝室に占める面積割合の大きいものなので、この2つがてんでバラバラだと部屋の印象もちぐはぐになってしまいます。
全体のトーンを揃えるようにするか、両方柄物ではなく片方柄物にして色合いなどをそろえるなどがお勧めです。

風水※トイレの壁紙と観葉植物には要注意!

トイレは排泄物や身体から落ちた汚れなどによって、かびや菌が発生しやすい場所で、嫌な臭いなどもつきやすいところで、それらの汚れや臭いは邪気という運勢を下げるもとになってしまい、トイレと言うのはあまり良くないとされているところですが、トイレも水に関するところなので風水上、水回りを綺麗にし運気を上げると全体の運気も上がることが言われています。
そこでトイレに必要な風水アイテムを紹介します。

1.観葉植物
生の観葉植物は悪気を浄化してくれるものなのでトイレには必ず置くと運気が上がります。
枯れたら放置せずにすぐに取り替えないと枯れた植物は「陰」の気を溜めてしまうのでよくないのです。
同じ理由でトイレにはドライフラワーやポプリはよくないとされていますし、花瓶を空のまま飾るのもよくないとされていますのでこの二点には気を付けるように意識すると良いです。

2.壁紙
トイレのある方角別にオススメの風水カラーがあるのでそれに壁紙の色を合わせるのも良いです。
北は水の気をもっていので白、ピンク、アイボリー、オレンジ、または暖色系の壁紙で統一すると水の気の冷気などを緩和することができます。
東は木の気を持つのでグリーン系で木の気を増幅させることも良いですし、水の気を連想させる青色で気に水を与える効果を促してもいいです。
南は火の気をもっているので黄緑、グリーンなどの木の色を取り入れて火を絶やさないようにすることが良いでしょう。なので観葉植物などを置くこともお勧めです。
西は金の気を持つので黄色、白、ピンクの色を取り入れて金運を上げるようにするのもいいとされています。

他にもトイレでの運気を上げる風水アイテムはトイレマットを置くことで下に溜った悪い運気を取り除くことができますし、嫌な臭いは運気を低下させるので芳香剤などを置いて消臭はしっかし行い、特に空気の入れ替えをwしっかり行うことも大切です。
便座カバーは土の気を持つ黄色やベージュ色で牛やキリンの絵柄を使うのが効果的です。水の気を抑え込むことのできる土の気を取り入れることで邪陰を封印する効果が高まります。

風水の部屋のレイアウト※主要な3つの居室の運気を上げる方法

風水で部屋のレイアウトは運気を左右する重要なことになっています。各部屋の運気の上がるレイアウトなど紹介したいと思います。

1.玄関
玄関はすべての運気(金運、健康運、恋愛運ねど)の入ってくるもっとも重要なところになります。なので玄関は常に綺麗にしていなければ良い運気も入ってきません。
玄関のレイアウトの基本は明るくすることです。良い気は明るい場所を好み、暗いところは悪い運気が寄ってきます。
電球など古くなっていたら新しいものに交換しテーブルランプなんかを置いて明るくすることも運気を上げる効果があります。
芳香剤などを置いていい香りの玄関にもした方がいいです。良い香りと言うのは人を惹きつける効果もあれば、良い気を呼び込むにも効果的なのです。

2.トイレ
風水上で水の気を持つトイレは家族の健康運に影響を与えるところになります。
特にトイレと言うのは凶相の場所になるのでどれだけインテリアなどで中和するかによります。
そこでトイレのレイアウトで使いたいのがトイレ専用のマットです。下にこもる陰気な水の気はマットで中和してくれます。
他にも観葉植物で生気を与えて陰気を中和することもお勧めです。

3.寝室
部屋の中でも寝室と言うのは風水では寝ているうちに運気を体内に取り入れる特別な部屋なのでレイアウトにこだわった方がいいと言えます。
もっとも大切にしたい箇所がベッドの配置になります。
特にシングルベッドをを繋げるということは夫婦関係での基本的な分断を意味しますので新婚の方などはこの配置はやめて置きましょう。
しっかりと一つとわかるように配置付けましょう。
それと壁との間に隙間があるのは風水上、よくないとされています。
隙間の空間に気が強く流れるので睡眠中は体が無防備であるため強い気に触れると落ち着かなかったり、不安感が溜まったりして安眠できないことがあります。
他にも寝室での基本的なことでは、寝ている時に入り口から直線状に頭が来ないようにすることで、入り口からくる強い気のパワーを直接当たり過ぎないようにするためです。

それとぬいぐるみは、人の正気を奪ってしまうので風水的に良くありませんがぬいぐるみ自体は風水的にも悪いものではないので、もし置くなら2個か3個くらいにしておきましょう。

風水※玄関マットの素材に化学繊維を使うな!運気が焼失します

風水的に玄関マットは悪い気を払ってくれる力が有るので、運気を気にするのなら敷いた方が良いです。

また玄関の有る方角によって引き寄せてしまう悪運の種類が異なるので、敷いた方が良いマットの色も変わります。

なので風水を気にする場合の玄関マットの色は、その方角に合った色のマットを選ぶのが適切です。

北東に有る玄関は不眠とイライラを招きやすい場所ですが、白色のマットを使うと運気が上がります。

北だと孤立を招き不安感も増してしまいますがそれは水の悪い気が関係しているので、木の運気を上げられる緑色の敷くと水の悪運を吸収出来ます。

それから南西の玄関では仕事が停滞したりそれにより疑い深くなったりするので、金色が入っているマットを敷いて金の気を多く取り入れると安定します。

南に玄関が有るとストレスが増えますが、マイナスに働いている火の要素を土のイメージを持つ茶色及び黄色のマットで予防する事が可能です。

また南東だと器の小ささ等性格面でのネガティブな要素が出てしまいますが、赤色や紫色のマットを敷くとネガティブな気が遠ざかります。

また風水としては東方向に有る過労や何でも中途半端になってしまうといった行動面に関する悪運も、赤色や紫色のマットで防げます。

それから傲慢な態度を取りやすい北西の玄関には、品質の優れたベーシックなカラーの玄関マットを敷くと暗さが無くなるのです。

そして無気力感を生みやすい西の玄関には、金のマイナス効果を無くせるグレーの玄関マットを敷くのが幸運アップに繋がります。

あと玄関マットは丸い形だと金の気を強くしてくれて、通常の長方形の物は土の気を多くしてくれると風水面では考えられています。

なので金に関する運気をより多く取り入れたい時は、丸い形のマットを敷くのがベストです。

それとマットの素材はアクリル等の化学繊維を使用している物は運気を燃やしてしまうので、取り込んだ良い運気を貯めておけるように天然素材の物を選ぶのが良いです。

天然素材の物なら、シルクやコットンや麻のマットが適しています。

出来るだけ、天然素材100%の物を選ぶとより幸運を招けます。

風水で北の玄関※北は水の象徴、良い気を流してしまうので要注意

風水において、玄関は家の中で最も重要な場所とされています。
なぜなら、玄関から運気が入ってくるとされているためです。そのため、玄関はこまめに掃除をして整理整頓を心がけるべき場所なのです。

しかし、同じ玄関でも方角によって意味が異なる特徴があります。
最も玄関があるべきと言われる方角は南東です、そして、凶と言われている方角が北です。

なぜ北の玄関が悪いのかと言うと、風水では北=水の気を意味し、水は良い運気やご縁までも流してしまう意味があるのです。また「冷たい」といったイメージもよくない理由の一つです。

では、北に玄関がある場合、運気は諦めるべきかというとそうではありません。少しの工夫で運気を呼び込むことはできます。今回はその工夫を幾つかご紹介したいと思います。

「照明で明るくする」
玄関は、運気の出入口として重要な場所です。中でも金運に関しては、太陽のある場所を好み、北側の玄関で日当たりが悪く雰囲気が薄暗いと感じた時には、照明を使用するのがおススメです。
間接照明やスタンドライトなどでも良いのですが、太陽光の自然の明るさに近いものを選びましょう。
そして、玄関の電気をつけたままにすることは「明るく保つ」ことになり、お家全体の運気の流れ、特に金運に良い影響を与えるとされています。

「玄関マットで悪い運気を払う」
玄関マットは風水において「良い運気を招き、悪い運気を取り払う」運気のフィルターの意味があります。
玄関マットの素材ですが、北の方角は冷たいイメージがあるので、ふわふわした玄関マットで温かみがあるものが好ましいです。

「靴や傘を整理する」
風水では、靴や傘が出た状態でいると入るべき運気が入って来られなくなると考えられています。
運気の通り道として、靴や傘は必要なもののみを出しましょう。整理整頓することで運気も人も通りやすい玄関にすることがポイントです。

「寒さに強い観葉植物を置く」
風水において植物は「場所のエネルギーを整えてくれる力がある」と言われています。
特に「凶」とされている場所に置くことで、良くない運気を調整してくれる意味をもつので、北側の玄関に観葉植物を置くことはとても良いことです。
しかし、北にある玄関は日当たりが悪く寒いため、植物が育つのに十分な環境ではないのです。なので、寒さや日陰に強い植物の中で邪気を払いのける力がある「万年青(おもと)」や金運アップの「モンステラ」、幸福運アップの「ガジュマル」、対人運や人気度アップの「セントポーリア」がおすすめです

また、北側玄関は凶と言われていますが、リビングなどの人が集まる場所が日当たりの良い南側になるので悪いことばかりでもありません。少しの工夫で運気は改善できます。

風水※玄関の正面に鏡がある時の対策とは?

風水では玄関は最も運気を左右する場所と言われており、すべての気は玄関を通って家の中に入り込んでくるので常に良い運気が入る玄関にしておくことが大切なのです。

玄関の運気を上げるにはこまめに掃除をして清潔に保つようにすることは基本中の基本です。
汚れているところに良い運気はやってきませんし運気の入り口である玄関は、家の中のどこよりもキレイでなければならないので、まずは玄関の隅々や下駄箱の中まで掃除をすることが良いです。

玄関の間取りによっても運気は変わってきます。
玄関の正面が壁の場合は対人運や金運のパワースポットがあるのでとても良い間取りです。
さらにその運気を上げる風水アイテムとして葉の丸い観葉植物を置いて下さい。置台でも直置きでも構いませんがプラスチックの容器は火の気をもっている為、金運を燃やしてします効果があるので陶器などの物にしましょう。
もう一つの風水アイテムは山の絵か写真を飾ると良いです。
山には開運の気が宿っていますし対人運が対人運を上げ金運に結びつける効果があります。

玄関の正面が鏡の場合は、風水ではその家に人の気を集めにくい鏡となり対人運を下げる鏡となります。
入って鏡があると自分が持っていた気を跳ね返されたり、その家に着た人の気さえも跳ね返してしまいパワーが無くなり「この家にいると疲れるし来たくない」となり対人運がなくなると言われています。
なので玄関の正面に鏡がある場合の対策は別のところに移動させるか布で覆うようにすることが良いです。

玄関の正面に絵や写真がある場合は、絵や写真によって運気は変わります。
明るく清潔で、爽やかな雰囲気の絵や写真は運気をあげます。しかし額縁などに入れ安っぽくない掛け方をしてほうが良いのですが、ガラスのはまった額縁は鏡と同じ役割をして家に入ってきた運気を跳ね返すので対策として角度を調整してください。
それに人物画や人の顔写真は鏡と同じ作用を及ぼすとしています。対策としては人物画や人の顔写真は置かないことが良いですが、思い入れのある絵や家族の写真は対人運を下げるものとは判断しません。

恋愛風水に効果的な観葉植物9選

風水上、観葉植物には住んでる人自身の、その部屋自身の邪気を吸い取って身代わりになってくれる言います。
そんな観葉植物ですが部屋に置くだけでも部屋の雰囲気も変わるのでインテリア代わりとしても代用できます。
でもせっかく観葉植物を置くのだから良い運気を取り込みたいものです。
そんな中、観葉植物には恋愛運にも効くと言われている観葉植物も存在しています。風水として恋愛運アップの観葉植物紹介します。

・アンスリウム
アンスリウムには、色んな色のお花があります。赤かピンクの花を咲かせる種類を置くと恋愛運アップにつながります。

・モンステラ
良縁を運んでくれると言わらています。葉の切れ込みから希望の光が差し込むことで出会い運のアップにも効果的です。

・ポトス
比較的、育てやすいポトスは観葉植物初心者さんにもおすすめです。綺麗な丸みのある葉っぱが恋愛運アップと言われています。

・アイビー
葉っぱが垂れ下がり風によってなびくイメージのあるアイビーは風水で良縁を運んでくれます。
こちらも比較的、初心者さんにも育てやすい植物です。

・ハートカズラ
ハート形の葉っぱがとても可愛いです。
ハートがもたらすので恋愛運や結婚運アップにも効果的です。

・グリーンネックレス
別名「緑の鈴」と言われています。
風水では緑色、玉、揺れるの3点が揃っていて気の流れを良くする効果もあるので恋愛運アップにも繋がると言われています。

・マッサン
幸福の木として有名です。
花言葉では「幸せな恋」と言われていてまさに恋愛運アップにもおすすめの観葉植物です。

・ウンベラータ
ハート形の葉がとても可愛い観葉植物です。
出会い運アップに効果的です。

・ガジュマル
多幸として、幸運を呼び込みます。
恋愛運、結婚運ともに期待できます。

恋愛運アップに効果が高い観葉植物をいくつかピックアップしました。
観葉植物を置く前にただ置くのではなく、やはり風水で運気を呼び込むにはより良い気を運びやすくして気の流れを良くすることが基本です。
不要なものは捨てること、鏡は常にピカピカ、水回りを清潔に保つことによって恋愛運アップへ導いてくれます。

風水※リビングの配置レイアウト※ソファーの置き場所は?

風水では家具の配置が気の流れを左右する重要な役割を果たしています。
今回はリビングの配置について解説します。
まず、ソファーです。
風水ではソファーの位置は上座に置くのが基本です。
ソファーに座った時に、リビングの入り口が見えて、なおかつリビング全体を見渡せるところに置くのがベストです。
窓を背にするよりは、壁を背にしたほうが落ち着けます。

次にどこの家でもリビングに必ずといっていいテレビ。
テレビの配置は、東か東南がおすすめです。
風水では、テレビは強い陽気を持っているといわれています。
テレビのそばに観葉植物を置いてバランスを調節しましょう。
自然に植物の生気が目から入ってくるのでオススメです。

リビングのカーテンはさわやかな色を選ぶといいでしょう。
リビングは家族が集まる場所です。
重厚な色のカーテンにすると、家族が寄り付かなくなってしまいます。

リビングに鏡を置く場合は、北側に置くのが良いでしょう。
風水で鏡はとても重要なアイテムです。鏡に映る場所に実の付く植物や花などを置くのも運気アップが期待できます。
また、2枚の鏡を向かい合わせしてはいけません。合わせ鏡は運気を無駄に散乱させてしまうため、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

リビングは暗いよりは明るいほうがよいのですが、あまり明るすぎてもよくないのです。
ゆったりと落ち着ける雰囲気を出せる暖かい照明がおすすめです。
間接照明などを配置するものいいでしょう。

風水の基本は掃除、リビングも整理整頓を心掛けて、いつもきれいにしておきましょう。
その次に物の置き方やカラーコーディネートという風に、優先順位をつけながら、やれることから取り組んでいくと良いでしょう。
窓を開けると風が部屋中に入ってきて、部屋という部屋を風が通って行きます。
リビングは家族が長時間過ごす場所です。
最近は、それぞれの部屋に閉じこもり、リビングに人がいない家もありますが、人が集まるリビングに幸運もやってくるのです。
難しく考えずに、家族が自然に集まることができる快適なリビング作りを心掛けたいですね。

風水※裏鬼門の勝手口※鬼門避けのお守りを置くことにした!

家族に良いことがあるようにと思い、インターネットや本などで、風水について調べました。

まずは方角、ウチでは裏鬼門に当たるところに勝手口があります。
なので常に掃除をして綺麗を保ち、鬼門避けのお守りを置いています。
子供が遊んでいたりして、壁紙に汚れがつくと空間が暗く感じるので、アルカリ電解水で拭き掃除をしています。

次にトイレ。
よくトイレの神様と聞くので、毎日念入りに掃除しています。
電気を小さなシャンデリアにしてキラキラさして空間を浄化さします。
マットを置いて悪い気を外に持っていかないようにとありますが、男性のおしっこがよく散るので、臭いと掃除のしやすさを考えてトイレにマットは置いてません。
便器の隙間壁紙にもおしっこが散るので、毎日拭き掃除をします。
トイレは素手で掃除するほうが金運の風水
が良くなるとあったので、便器の水が溜まっているところ以外は素手で掃除しています。
窓際には観葉植物のポトスを置いています。
ポトスは金運の風水が良くなると本にありました。

そして玄関。
玄関はいろんな人が出入りするので、いい気も悪い気も出入りしやすいので
玄関マットを置いて悪い気は室内に入ってこないように、土間やポーチ、下駄箱の中には土やゴミがたまらないように、こまめに掃き掃除。
雨が降った日には水を使って泥汚れを落とします。
玄関にも観葉植物のポトス置いています。

キッチンや洗面台の水回りも水垢やホコリがたまらないように小まめに掃除します。

場所にとらわれず、どこでも汚れやホコリが溜まらないように小まめに掃除し、空気の入れ替えをするのが風水的には良いと言うことです。
ホコリがたまる所には悪い気が溜まりやすいと聞きます。
風水がよくなったかどうかはわかりませんが、よく掃除をするので、子供達もお片付けをキチンとするようになり、空気がきれいなので、イライラもしにくくなりました。
小まめによく掃除をしているからか、ツバメが巣を作りにきました。
風水的にも良くなったと実感出きる日もくると期待してます。