吉方位に引っ越さないと悲惨(2017年版)※凶方位を要チェック!

風水での考えでは運気と言うのは常に動いていますので旅行や引っ越しをするのは避けた方がいい方角があるという考えです。
その年によって、誰もが影響を受ける方角とその人自身が影響を受ける方角の二種類があり、誰もが影響を受ける方角は凶方位といって避けなければならないとされています。

風水で引っ越しに避けなければならない方位は毎年変わりますし人によって吉方位や凶方位が異なります。
2017年の引っ越しの凶方位は、北・東・南の3方向となっています。
北は暗剣殺方位となっており不吉な方位とされていて、他人とのトラブルが多く起こるとされています。
東は歳破方位となっており運気が下がりやすい方位とされていて、交渉トラブルやケガ・交通事故が起こりやすい方位です。
南は五黄殺方位となっており最も凶方位とされていて、病気や破産などが起こりやすくなるとされ、この方位に引っ越してはいけません。

2017年の吉方位はそれぞれの九星によって異なり、また生まれた年によっても異なるので両方の吉方位が最大の吉方位とされています。
一白水星は南西、北東、西方位、二黒土星は南西方位、三碧木星は南東、北東方位、四緑木星は南東、西方位、五黄土星は北西、南東、南西方位、六白金星は南西、北西方位、七赤金星は北西方位、八白土星は南西、北西、南東方位、九紫火星は西、北東方位となっています。

引っ越しをされるなら良い物件を見極める事も需要です。
風水的なポイントは、長方形や正方形のお部屋を探すことで、部屋のつくりに出っ張りやへこみがあるのは「欠け」と呼ばれ、気の流れが良くないものです。
鬼門の方位にも確認し、鬼門の場所である北東に玄関があるお部屋は絶対に避けるべきですし、水回りが鬼門に当たる場合も避けた方がいいです。
ワンルームの場合、入口から向かいの窓まで一直線の間取りは、風水インテリアとして良くないものですが、ワンルームの間取りは大概そうなっているのでそのようなところしかない場合は風水アイテムで運気の低下を妨げましょう。
他にも風水的にいい気が流れている物件は、住んでいる人が過ごしやすいため穏やかに暮らせていることが多いのでその物件に住んでいる人の雰囲気をチェックしてみることも大切です。

ワンルーム・マンションの風水チェック※インテリアのレイアウトに要注意!

一人暮らしをはじめられる方にとってワンルームのお部屋探しは重要なことです。
運が悪いお部屋よりも運が良いお部屋に住みたいと思うことは誰も同じだと思います。

そこで、今回は風水をもとにワンルームで運をアップさせるレイアウトやインテリアをご紹介したいと思います。

まず、玄関です。風水に置いて玄関は気の出入りです。
ワンルームの玄関は基本的に狭いですが、玄関に物や靴を置いた状態にしないように片づけましょう。そして、玄関が明るいと良い気が入りやすくなります。玄関に入り込む気をためる為にも玄関マットを利用するのもポイントです。

次に眠る時の枕の向きです。
人間は寝ているときに頭から気を吸収し最も適した枕の方向は水の気を持つ「北」です。頭が冷静になり安眠に繋がるとされています。反対に最も適さない方向は火の気をもつ「南」です。熟睡できないので注意が必要です。
また、人間は就寝中に室内を巡る気を吸収するので、気を逃がさないためにもカーテンを閉めて眠ることもポイントです。
寝ている姿が鏡に映ったり、人物のポスターがベッド方向を向いていても本来吸収できる良い気が半減してしまうので、寝ているときは鏡に布などをかけ、ポスターの向きも見直すことが重要です。

また、風水では暗い場所には悪い気がたまると考えられています。
ワンルームの部屋の中で暗く陰気に感じる場所があれば、照明を置いてみることをおススメします。北西で黄色い照明を置くと金運アップにもつながります。

方角で言うと北東を指す「鬼門」は、何も置かないことが重要です。鬼門は綺麗な状態にすることで鬼や悪い気が入ってこないとされています。何かを置きたい場合は白い色を選ぶことがポイントです。観葉植物を置くことも鬼門の悪い気を防いでくれます。

風水においてインテリアの工夫はやり過ぎることも禁物です。
やり過ぎるも逆に気の流れが悪くなってしまうので、楽しみながらレイアウトやインテリアを見直すところから始めると良いと思います。
レイアウトやインテリアの工夫が少し難しいなと思われる方は、色だけでも取り入れてみてください。

風水でマンションの間取りをチェック!各部屋の方角に要注意!

マンションは一戸建て住宅のように間取りを自分の意志で好みの状態にすることができませんので、風水の観点から良いマンションを選ぼうとするとなかなか難しい事が言えます。
マンションはほとんどの場合、北に玄関やお風呂などの水回りを設置していて、リビングを南側に配置するパターンが多いからです。北に玄関や水回りが集中してある場合、風水や家相の観点からは苦労が多くなる良くない間取りと判断されることが多い傾向にありますので難しいと言えます。
マンションでベストな間取りはまず、便所やお風呂に窓がついている物件を探すことが得策といえます。
窓があると当然通気が良くなりますので、湿気もたまりにくくカビに悩まされることも少ないですし、光が自然に入ることにより、日光の殺菌作用も期待できます。
風水面でも空気の入れ変えと言うのは重要になりますし、便所やお風呂はジメジメになりやすいので他の個所より空気の入れ替えがポイントとなります。

マンション 選びでは鬼門や裏鬼門に水回りや玄関がある物件は控えるようにしてください。
家の中心から見て北東の方角を鬼門と言い、南西の方角を裏鬼門と呼びます。
この鬼門・裏鬼門の2つを結ぶ鬼門ラインは邪気や悪い気が溜まりやすいと言われていますので、ここにトイレなどの水回りや玄関があってはいけませんので選ぶ際には気を付けてください。

風水の三大ポイントの一つにあるベッドルームも寝るだけの場所と簡単に考えがちですが、寝ている間にエネルギーを補充し、次の日に備える大切な場所となっています。
ベストな方角は北、金運も向上します。逆に最悪なのが南と西で熟睡を妨げます。とりあえずこの方向だけは避けて、東から北の間に収まるようにベッドを配置できるマンション選びをすることも大切です。

マンション選びで階数があまり高すぎないことも気をつけなければなりません。
樹木が伸びてくる程度の高さはいいのですが、超高層階のマンションは、地面からくる良いパワーが薄くなるので、なかなか吉相にはなりにくいというのが現実ですので程よい高さを選ぶのもポイントです。

風水※南のカーテンの色に要注意!南は情熱・社交性・ストレスに影響する

風水は方位ごとに運やそれぞれの気があり、それに合わせて取り入れたほうが良い風水アイテムやカラーなどがあります。

南は火の気を持つ方位で美や知を象徴する方位でもあり火の気は悪いものを燃やす作用があります。
南の運気がプラスに動くと情熱、社交性評判などがよくなり、マイナスに動くと別離、ストレス増加、感情を抑制できないなどの作用が出てきます。
南のカラーを生かす色は、火の気を絶やさないような働きを持つ木の気を連想させる黄緑やオフホワイトやベージュ色です。
このように風水の基本の南の方位と相性の良い色や、運気をアップする色がわかったところで風水アイテムの1つ、カーテンについて紹介します。

カーテンは風水上では外の世界と家の中の境目である窓から夜に多い邪気が入ることをカーテンが防ぐ働きをしていることと、家にある良い運気が出て行かないようにする効果があります。それにカーテンはアイテムの中でも面積が大きいため色による部屋の印象が大きく変わることから風水では重要になってきます。

南のカーテンでおススメのカラーは火の気を絶やさないような働きを持つ木の気を連想させる黄緑やオフホワイトやベージュ色にすることで開運に繋がります。
寝室のカーテンの色は、カーテンと同じように面積の大きいベッドカバーとの陰陽バランスを考える必要性があります。
布団カバーやベッドカバーが柄物ならカーテンを無地にする、またはその逆にすることでバランスが取れますので黄緑やオフホワイトやベージュ色でバランスをとりましょう。
それに、南にある大きな窓のカーテンをグリーンにするなら、片側に寄せるタイプではなく両側に振り分けて留めるタイプのカーテンがいいです。
なぜなら南に一対のグリーンがあると芸術に関する直感力が冴えるからとされています。

他にカーテンの風水知識は、清潔に保つことが重視されています。
外の世界と家の中の境目である窓から夜に多い邪気が入ることをカーテンが防ぐ働きをしていることからカーテンには厄がついてしまうから、清潔に保つことは厄払いになるのです。
カーテンの素材は寝室でもどの方向でも天然素材が良いという方もおられますが、特に風水では決まりはないので大丈夫です。”

風水では表札の素材(ステンレス、プラスチック、ガラス、木製)が運気を決める!

風水では物の性質や素材によって気が違ってきます。
例えば木製、紙製、綿、流行の物、テレビと言うのは木の気を持ち仕事運や勉強運に影響し、ビニール、プラスチック、化学繊維、ガラスは火の気を持ち直感力、芸術性などに影響し、陶器、磁気、和風のものは土の気を持ち結婚運、家庭運に影響し、金属、宝石、高級なものは金の気を持ち援助、金運に影響があり、水、酒、透ける素材のようなものは水の気を持ち恋愛運に影響し様々な効果などが現れます。

そんな物の中でも表札には様々な種類がありどの素材がいいのか迷うときがあります、特に表札はその家の顔とも言えるアイテムなので玄関風水でもとても重要なポイントです。
1.プラスチック製
風水では表札は天然の素材が良いとされている為、正反対のプラスチックは人工物なので風水では良くなく運気を燃やすと言われているのでよくありません。
また経年変化で割れたりキズが表札につくと運気が下がる理由の一つとなっているのでよくありません。
2.ガラス製
ガラスは割れやすい素材ということから家庭が「割れる」離婚や家族の不和などに繋がるなどの運気が下がる理由となっているのでよくありません。
3.木製
表札の素材としては自然素材の天然木で長方形のものが一番よいとされていて昔ながらの表札が良いとされています。
中でも縁起がよい素材はひのきなどで、日本の環境にあった素材と形は日本家屋の外観にマッチします。
しかし最近では洋風の家やマンションなども多く家の外観とマッチしないデザインの表札は運気が不安定になり、ちぐはぐなことが起きるようになってしまうそうなので風水上よくなので、デザインも家に合うものを選ぶのがポイントです。
4.ステンレス製
木製以外ならステンレスやセラミックなど、錆びにくい・壊れにくい素材が縁起が良いとされています。
ステンレスの表札だと今では値段も安ければ2000円くらいでも買えるのでお勧めです。

ポストに表札がある家庭もあると思いますがポストも表札と一緒でステンレスやセラミック系で錆びにくく汚れにくいのもので大丈夫です。

風水※寝室でチャックすべき3項目※壁紙の色に要注意!

風水では寝室と言うのは非常に重要な部屋となっています。
寝室で寝ている間に人は一日溜った家の運気を体内に取り込むところなので、その寝室が運気が低ければ当然良い運気が家にあっても幸運は体内に取り込むことはできません。なので寝室は風水に基づいてしっかりしとかなければいけません。

1.家具
家具の中で一番気にしなければいけないのが鏡です。
寝ている姿が鏡に写るとせっかく吸収している運が鏡の中の自分にとられてしまい運気が半減しますので配置に気をつけなければいけませんが、寝室のレイアウト上どうしても鏡に写りこんでしまう場合は、布などをかけておくなどの対策をした方がいいです。
他にも置かれている家具の角がベッドや寝ている自分をさしてしまうと角の鋭さで安眠につけないようになるのでそのようなときは観葉植物を置くことで鋭さを和らげることができるので置くことをお勧めします。

2.壁紙
壁紙にもいろいろな種類のものがありその部屋にあった材質の壁紙を選んでいいです。
壁紙の色によっても効果が違ってきます。
青色は気持ちを落ち着かせて、睡眠を促進する効果があるといわれています。
緑色はストレスを軽減して、心身のバランスを保つ効果が得られます。
茶色系は暖かい雰囲気の寝室になり気分が落ち着きます。
風水的にも北向きの寝室は水の気が強いと言われており冷えやすいというデメリットがあるのでクリーム系であたたかい雰囲気にすることで緩和されます。
東向きは木の気を持つので茶系やグリーン系の木を連想させる色も良いですが木を成長させる水のブルー系もおすすめです。
南向きは火の気を持つので落ち着いた色のベージュ系に観葉植物などをおいて、気のバランスを整えると良いです。
西向きは金の気を持つので壁紙には金を連想する黄色、白などで金運を上げることもできます。

3.布団カバー
風水上、布団カバーもアイテムの一つです。
特に布団カバーとカーテンとのバランスが大切でどちらも寝室に占める面積割合の大きいものなので、この2つがてんでバラバラだと部屋の印象もちぐはぐになってしまいます。
全体のトーンを揃えるようにするか、両方柄物ではなく片方柄物にして色合いなどをそろえるなどがお勧めです。

風水※トイレの壁紙と観葉植物には要注意!

トイレは排泄物や身体から落ちた汚れなどによって、かびや菌が発生しやすい場所で、嫌な臭いなどもつきやすいところで、それらの汚れや臭いは邪気という運勢を下げるもとになってしまい、トイレと言うのはあまり良くないとされているところですが、トイレも水に関するところなので風水上、水回りを綺麗にし運気を上げると全体の運気も上がることが言われています。
そこでトイレに必要な風水アイテムを紹介します。

1.観葉植物
生の観葉植物は悪気を浄化してくれるものなのでトイレには必ず置くと運気が上がります。
枯れたら放置せずにすぐに取り替えないと枯れた植物は「陰」の気を溜めてしまうのでよくないのです。
同じ理由でトイレにはドライフラワーやポプリはよくないとされていますし、花瓶を空のまま飾るのもよくないとされていますのでこの二点には気を付けるように意識すると良いです。

2.壁紙
トイレのある方角別にオススメの風水カラーがあるのでそれに壁紙の色を合わせるのも良いです。
北は水の気をもっていので白、ピンク、アイボリー、オレンジ、または暖色系の壁紙で統一すると水の気の冷気などを緩和することができます。
東は木の気を持つのでグリーン系で木の気を増幅させることも良いですし、水の気を連想させる青色で気に水を与える効果を促してもいいです。
南は火の気をもっているので黄緑、グリーンなどの木の色を取り入れて火を絶やさないようにすることが良いでしょう。なので観葉植物などを置くこともお勧めです。
西は金の気を持つので黄色、白、ピンクの色を取り入れて金運を上げるようにするのもいいとされています。

他にもトイレでの運気を上げる風水アイテムはトイレマットを置くことで下に溜った悪い運気を取り除くことができますし、嫌な臭いは運気を低下させるので芳香剤などを置いて消臭はしっかし行い、特に空気の入れ替えをwしっかり行うことも大切です。
便座カバーは土の気を持つ黄色やベージュ色で牛やキリンの絵柄を使うのが効果的です。水の気を抑え込むことのできる土の気を取り入れることで邪陰を封印する効果が高まります。

風水の部屋のレイアウト※主要な3つの居室の運気を上げる方法

風水で部屋のレイアウトは運気を左右する重要なことになっています。各部屋の運気の上がるレイアウトなど紹介したいと思います。

1.玄関
玄関はすべての運気(金運、健康運、恋愛運ねど)の入ってくるもっとも重要なところになります。なので玄関は常に綺麗にしていなければ良い運気も入ってきません。
玄関のレイアウトの基本は明るくすることです。良い気は明るい場所を好み、暗いところは悪い運気が寄ってきます。
電球など古くなっていたら新しいものに交換しテーブルランプなんかを置いて明るくすることも運気を上げる効果があります。
芳香剤などを置いていい香りの玄関にもした方がいいです。良い香りと言うのは人を惹きつける効果もあれば、良い気を呼び込むにも効果的なのです。

2.トイレ
風水上で水の気を持つトイレは家族の健康運に影響を与えるところになります。
特にトイレと言うのは凶相の場所になるのでどれだけインテリアなどで中和するかによります。
そこでトイレのレイアウトで使いたいのがトイレ専用のマットです。下にこもる陰気な水の気はマットで中和してくれます。
他にも観葉植物で生気を与えて陰気を中和することもお勧めです。

3.寝室
部屋の中でも寝室と言うのは風水では寝ているうちに運気を体内に取り入れる特別な部屋なのでレイアウトにこだわった方がいいと言えます。
もっとも大切にしたい箇所がベッドの配置になります。
特にシングルベッドをを繋げるということは夫婦関係での基本的な分断を意味しますので新婚の方などはこの配置はやめて置きましょう。
しっかりと一つとわかるように配置付けましょう。
それと壁との間に隙間があるのは風水上、よくないとされています。
隙間の空間に気が強く流れるので睡眠中は体が無防備であるため強い気に触れると落ち着かなかったり、不安感が溜まったりして安眠できないことがあります。
他にも寝室での基本的なことでは、寝ている時に入り口から直線状に頭が来ないようにすることで、入り口からくる強い気のパワーを直接当たり過ぎないようにするためです。

それとぬいぐるみは、人の正気を奪ってしまうので風水的に良くありませんがぬいぐるみ自体は風水的にも悪いものではないので、もし置くなら2個か3個くらいにしておきましょう。

風水※玄関マットの素材に化学繊維を使うな!運気が焼失します

風水的に玄関マットは悪い気を払ってくれる力が有るので、運気を気にするのなら敷いた方が良いです。

また玄関の有る方角によって引き寄せてしまう悪運の種類が異なるので、敷いた方が良いマットの色も変わります。

なので風水を気にする場合の玄関マットの色は、その方角に合った色のマットを選ぶのが適切です。

北東に有る玄関は不眠とイライラを招きやすい場所ですが、白色のマットを使うと運気が上がります。

北だと孤立を招き不安感も増してしまいますがそれは水の悪い気が関係しているので、木の運気を上げられる緑色の敷くと水の悪運を吸収出来ます。

それから南西の玄関では仕事が停滞したりそれにより疑い深くなったりするので、金色が入っているマットを敷いて金の気を多く取り入れると安定します。

南に玄関が有るとストレスが増えますが、マイナスに働いている火の要素を土のイメージを持つ茶色及び黄色のマットで予防する事が可能です。

また南東だと器の小ささ等性格面でのネガティブな要素が出てしまいますが、赤色や紫色のマットを敷くとネガティブな気が遠ざかります。

また風水としては東方向に有る過労や何でも中途半端になってしまうといった行動面に関する悪運も、赤色や紫色のマットで防げます。

それから傲慢な態度を取りやすい北西の玄関には、品質の優れたベーシックなカラーの玄関マットを敷くと暗さが無くなるのです。

そして無気力感を生みやすい西の玄関には、金のマイナス効果を無くせるグレーの玄関マットを敷くのが幸運アップに繋がります。

あと玄関マットは丸い形だと金の気を強くしてくれて、通常の長方形の物は土の気を多くしてくれると風水面では考えられています。

なので金に関する運気をより多く取り入れたい時は、丸い形のマットを敷くのがベストです。

それとマットの素材はアクリル等の化学繊維を使用している物は運気を燃やしてしまうので、取り込んだ良い運気を貯めておけるように天然素材の物を選ぶのが良いです。

天然素材の物なら、シルクやコットンや麻のマットが適しています。

出来るだけ、天然素材100%の物を選ぶとより幸運を招けます。

風水で北の玄関※北は水の象徴、良い気を流してしまうので要注意

風水において、玄関は家の中で最も重要な場所とされています。
なぜなら、玄関から運気が入ってくるとされているためです。そのため、玄関はこまめに掃除をして整理整頓を心がけるべき場所なのです。

しかし、同じ玄関でも方角によって意味が異なる特徴があります。
最も玄関があるべきと言われる方角は南東です、そして、凶と言われている方角が北です。

なぜ北の玄関が悪いのかと言うと、風水では北=水の気を意味し、水は良い運気やご縁までも流してしまう意味があるのです。また「冷たい」といったイメージもよくない理由の一つです。

では、北に玄関がある場合、運気は諦めるべきかというとそうではありません。少しの工夫で運気を呼び込むことはできます。今回はその工夫を幾つかご紹介したいと思います。

「照明で明るくする」
玄関は、運気の出入口として重要な場所です。中でも金運に関しては、太陽のある場所を好み、北側の玄関で日当たりが悪く雰囲気が薄暗いと感じた時には、照明を使用するのがおススメです。
間接照明やスタンドライトなどでも良いのですが、太陽光の自然の明るさに近いものを選びましょう。
そして、玄関の電気をつけたままにすることは「明るく保つ」ことになり、お家全体の運気の流れ、特に金運に良い影響を与えるとされています。

「玄関マットで悪い運気を払う」
玄関マットは風水において「良い運気を招き、悪い運気を取り払う」運気のフィルターの意味があります。
玄関マットの素材ですが、北の方角は冷たいイメージがあるので、ふわふわした玄関マットで温かみがあるものが好ましいです。

「靴や傘を整理する」
風水では、靴や傘が出た状態でいると入るべき運気が入って来られなくなると考えられています。
運気の通り道として、靴や傘は必要なもののみを出しましょう。整理整頓することで運気も人も通りやすい玄関にすることがポイントです。

「寒さに強い観葉植物を置く」
風水において植物は「場所のエネルギーを整えてくれる力がある」と言われています。
特に「凶」とされている場所に置くことで、良くない運気を調整してくれる意味をもつので、北側の玄関に観葉植物を置くことはとても良いことです。
しかし、北にある玄関は日当たりが悪く寒いため、植物が育つのに十分な環境ではないのです。なので、寒さや日陰に強い植物の中で邪気を払いのける力がある「万年青(おもと)」や金運アップの「モンステラ」、幸福運アップの「ガジュマル」、対人運や人気度アップの「セントポーリア」がおすすめです

また、北側玄関は凶と言われていますが、リビングなどの人が集まる場所が日当たりの良い南側になるので悪いことばかりでもありません。少しの工夫で運気は改善できます。