精神疾患・うつ病が治る?!護符・霊符の作成手順




精神疾患(うつ病)の治療法として、スピリチュアルパワーを活用する方法が最適だなどと主張する気はない。

しかし、少数派ではあるだろうが、霊的な力に頼ることで、コロッと、悩みが解消してしまう人たちがいるのは事実だ。

たとえば、仕事にストレスがある人がいたとしよう。

うつ病ぎみ、、、、

でも、こんな人が、仕事運がアップするという神社に参拝し、お守りを買って、それを常に首からかけて生活していたら、ストレスを感じなくなってしまう。。。

そんなことが、実際に起こるのだ。

神社に行く余裕がない人たちの中には、完全オーダーメイドの護符作成方法を活用する人もいるだろう。もう、何年も前から、人気がある方法だからね。

護符については後で話すとして、、、

神社のお守りの件だが、、、

まず、仕事を休んで、一人で旅行して、神社に行く、、、この行為自体が、じつは、潜在意識に良い影響を与える。

仕事のことで悩み続けている日常から離れて、気分転換するだけで、うつ病が予防できている人は多いからね。

また、お金と時間をかけて神社まで行ったという行為は、努力が実るという、多くの人の潜在意識の中にある思想と一致する。





<<< 【漢の運気をUP】スピリチュアル系ランキング

つまり、行動をしたから、その成果が表れるはずだと潜在意識が勝手に解釈して、良い行動をもたらすことになるのだ。

そして、なぜか、安心感が出てきて、心の余裕が生まれる。

つねに、お守りを持っていれば、その気持ちを保つことができる。

だから、上司に少し嫌なことを言われたくらいで、へこたれなくなるのだ。

あなたはもしかしたら、これを聞いて、そんな簡単にはいかない!と怒りを感じたかもしれない。

もしそうなら、あなたにはこの手法は向いていないというだけの話だ。

最初に書いた通り、だれにでも効果があるわけではないからだ。

でも、実家には神棚が祀られていたとか、毎年欠かさず初詣に行って本気で願い事をするといった人たちは、仕事運アップのお守りを入手するだけで、ケロッと、精神的な安定を勝ち取ることができるものなのである。

霊符の場合、さらに、効果が出る人は、少ないかもしれない。

でも、うつ病の原因を悪霊だと思える人にとって、陰陽師が書いた悪霊退散の護符は、何よりも効果的と言える。

また、自力で護符を書く方法もある。

その際、断食をしたり、水以外の水分を控えたりする、、、こういった行動は、生活習慣を改善する効果もあるので、このプロセスが、精神疾患を改善するのに役立つこともあるだろう。