北東玄関の観葉植物は風水的に大-大凶相になる!




観葉植物で運気が下がる風水方位

近年、観葉植物が風水に良いという説が普及している。

  • 部屋の気の循環を助けてくれる
  • 部屋の邪気を吸収し清浄化してくれる

そんな風に語られることが多い。

確かに、それも一理ある。

でも、重要な点を見逃している。

風水とは木火土金水の五気の相性によって吉凶が決まると言う点である。

火の気を持つガスコンロには凶方位が存在するし、水の気を持つ水道の蛇口の位置にも凶方位が存在する。

それと同じように、観葉植物にも凶方位が存在するのである。

観葉植物は木気なので北東の玄関に置くのは凶相

北東は、鬼門と呼ばれている。

だから、玄関を北東に配置すると、鬼が襲ってくる。





<<< 【漢の運気をUP】スピリチュアル系ランキング

つまり、鬼の邪気が部屋に入ってきてしまうので、家運が落ちる。

それを改善するために観葉植物を置くのは間違い。

なぜなら、北東の木の気を配置するのは凶相だからだ。

これは、陰陽五行関係している、、、

陰陽五行説から北東玄関の木気は凶

北東は土気が漂う場所である。

陰陽五行説では土と木の相性が悪い。

土の養分を木が吸い取ってしまうと考えるからだ。

だから、北東に木を配置すると凶相になる。

それを知らずに、観葉植物=風水に良いという短絡的な発想で、北東に植物を配置すると運気がダウンしてしまう。

植物の中には、魔除けの作用があるものもあるので、一概に観葉植物を否定することはできないが、、、

北東の木気は凶相だと言うことを忘れないで欲しい。