東洋風水で結婚運をアップする7つの秘訣【ベッドルーム編】




ここでは恋愛運・結婚運アップにつながる、古くからは中国から伝承されるベッドルームにまつわる東洋風水をお伝えしたいと思います。

コーナー理論

東洋風水では、部屋の角(コーナー)を改善することで、これまで出会うことのなかった恋愛体験や、密かに願っていた昔の彼との復縁を期待できるとされています。
まずはあらゆる部屋の四隅に注目してください。

理想的な色=ピンク、赤、白

風水によれば、特にベッドルームのコーナー、特に一番遠い右側が男女関係を表すものとしてとらえられています。
そしてベッドルームは常にリラックスの場所なので、静かなエネルギーをたたえている必要があります。
恋愛関係・婚姻関係で幸運を呼び込みたい人は、ベッドルームのみならず、八掛においても一番遠い右側を意識するべきです。

風水的ベッドルームNG集

風水では、鏡が寝ている間にエネルギーを吸い取ってしまうと考えるため、寝室に鏡を置くのはお勧めできません。
鏡が寝室にある場合、知らず知らずのうちに活発な精神活動が引き起こされてしまうため、質のよい睡眠がとりにくくなってしまうからです。

植木鉢や流水装置

プラントは人気のインテリアではありますが、やはりエネルギーを吸い取る可能性のあるものとして植木鉢や、水が流れる装置あおすすめできません。
植木鉢はあなたの陰陽エネルギーでいうところの陽エネルギーにあたります。
ですからベッドルームに植木鉢やミニ噴水などを置いてしまうと、それらが睡眠が必要とする陰エネルギーを奪ってしまいます。

子供/家族/友人の写真

寝室はあなただけ(あるいはあなたとパートナー)のプライベート空間なので、自分たちカップル以外の家族/友人写真を置く場所としてはふさわしくありません。
これらを眺めることで、自分たちの関係性から気持ちがそれてしまうからです。
仮に宗教上の理由で置かなくてはいけないサインがある場合は、ベッドに直接向いていない場所に置くべきです。





<<< 【漢の運気をUP】スピリチュアル系ランキング

エクササイズや仕事

仕事と愛情は同類ではありません。
すなわち同じ場所にあるべきものではないということです。
ですから、仕事机やコンピュータを寝室に置くのは良くありません。
ダイエットしなくてはならないからと、寝室でエクササイズするのも良くありません。
改めてお伝えしますが、寝室はあくまでも陰のエネルギーを満たす場所なのです。

寂しい、悲しいイメージは禁止

どんな素晴らしい絵画や写真であっても、寂しさや悲しみを感じさせるものはいけません。
例えば、竜巻の写真や、ドライフラワーの画像、冬の風景写真などがそれにあたります。
そして部屋の四隅に冷却効果のある設備を置くのも良くありません。
例えば簡易冷蔵庫やクーラーなどがそれにあたります。
そもそも赤いじゅうたんや、炎の写真や絵画、あるいはロマンチックさを象徴するポートレートなどが必要な場所だからです。

風水的に運気を呼び込む色

風水では、ピンクが人生におけるロマンスを象徴しています。
これはどんな色合いのピンクにも共通していることですから、自分の好きなピンクを選ぶことができます。
アクセントカラーとしてはもちろんですが、壁紙や、カーペットに用いるのがおすすめです。
またこれと同義になるものとして、インテリアを赤・白メインにしつらえるという手段もあります。

愛のシンボルとなるもの

たとえばキューピッドやハートなどのシンボルを寝室にこっそり取り入れるのもおすすめです。
愛につながるシンボルだと感じるものを寝室に置くことで恋愛運や結婚運が開けるのです。

まとめ

自分のまわりのエネルギーを整えることがズバリ開運のカギです。
もちろんほこりだらけでは元の木阿弥ですから常に綺麗にしておく必要があることをお伝えしておきます。
東洋風水では部屋の角々に注意をはらうこと、幸せのシンボルに囲まれることにより、いっそうの幸せへと導かれること教えてくれているのです。