家相では、仏壇と神棚を向かい合わせにするのはNG!理由は?




家相では、仏壇や神棚の設置場所にも注意を払う必要があります。

ただし、方位に関する吉凶は、無視しても大きな影響はありません。

先祖や神様に敬意を払って、仏壇や神棚を設置している家庭に、災いは起こりにくいからです。

不安ならば、鬼門と裏鬼門の方位だけは避けた方がいいでしょう。

方角的には、とくに厳しくはないのですが、神や仏に無礼になるような家の構造は、良くないとされています。

たとえば、トイレの横に神棚や仏壇が設置されるのは無礼なことなので凶相とされています。トイレの裏もダメです。

神棚や仏壇が一階にあって、その真上にトイレがあるのもよくありません。

トイレと同様、浴室や、キッチンもよくありません。

あと、神棚や仏壇の真上の部分(二階部分)が人の歩ける状態にある家も、凶相とされています。

神様や仏さまを足で踏みつけるなんてとんでもないというわけです。





<<< 【漢の運気をUP】スピリチュアル系ランキング

ですから、神棚と仏壇の真上は、押入れにするのが常識です。

または、二階部分がない場所(平屋部分)に神棚や仏壇を設置します。

あと、注意すべきは、神棚は箪笥や仏壇に直接載せないことです。

箪笥や仏壇の上方に神棚があるだけなら問題ありません。しかし、神棚は基本的に、宙に浮くようなイメージで設置するものなので、仏壇や箪笥に載せるのは良くないのです。

最後に、神棚と仏壇が向かい合っていないかをチェックするのを忘れないでください。

向かい合っていると、神棚に手を合わせているときに、ご先祖様にお尻を向けることになってしまいます。その逆だと、神様にお尻を向けることになります。

また、神様とご先祖様を対立するように配置していること自体、問題があります。

以上の点を注意して、神棚と仏壇を配置するようにしてください。