セックス運を上げる色彩カラー風水




風水ではピンクがセックス運を上げる色とされています。

とくに家の北側にピンクを使うと運気が上がります。

大昔から、北は、水の方位とされていました。

風水と言うより、陰陽五行説と言った方が適切かもしれません。

そして、北は単に水の意味だけではなく、液体全般をされました。

つまり、北は血や体液も意味しているのです。

だから、家の北側の吉凶は、セックスや妊娠を象徴します。

北の方位が吉相だと、セックス運や子宝運がアップするのです。





<<< 【漢の運気をUP】スピリチュアル系ランキング

では、カラー風水では、どうしてピンク色を北に配置すると良いのでしょうか。

これは、北の方位が暗くて寒い空間になりやすいということと関係しています。

陰気が強すぎてしまうのです。

この陰気過多の状況を調整するために、暖色を用いると良いと考えられるようになりました。

これをあえて、色で表すと、ピンク、オレンジ、アイボリー、クリーム色などになります。

とくにピンク色は、桜の色で、暖かい季節の到来を現す象徴的な色なので、北のラッキーカラー(セックス運のラッキーカラー)と考えられるようになったのです。