表情に出る風水の陰の気を見分ける方法※全て陰気と言えばOK!

風水師のところに相談にくる人は、100%、何かに悩んでいる人たち。

または、何かを改善しようとしている人たち。

だから、現在、「あなたは陰の気に取り巻かれています」と言って欲しいのだ。

だから、そう言ってあげる。。。。

表情を見ただけで、陰の気を発しているのがわかりますよ。。。と。

笑顔で明るい雰囲気の人だったとしても、笑顔の奥に、陰の気が隠れているのがわかります。。。と言ってあげる。

 

風水を信じない人が、陰と気が強いと言われると、ムカッとくるのだろうが、、、

風水が好きな人が陰気を指摘されると喜ぶのだ。

なぜかと言えば、風水が原因であれば、改善の余地があると思うからだ。

 

単純に、陰気を弱め、容器を強めればいいんだからね。

 

風水師は、専門的なことを言う必要はない。

 

笑顔が大切です。。。

「幸せだ」「楽しい」と念じましょう。。。

明るい色の服を着ましょう。。。

部屋に閉じこもらずに、積極的に旅行に行きましょう。。。

部屋のインテリアを明るいものにしましょう。。。

 

アドバイスは、単純で、わかりやすく、、、専門的ではないことを言う。。。

 

でも、こんな薄っぺらな事ばかりを言うと、信用してもらえない危険が、、、

だから、個人へのアドバイスではない、風水論を余談として話すのだ。。。

 

これって、風水書でもよくつかわれる手法。

始めの方で、陰陽五行とか相生と相剋とか、、、難しい話を書いているけど、、、読み進めてみると、冒頭のこれらの説明が、全く活用されていない。。。

単に、権威性アップのために、最初の方に難しい話をするだけなんだよね。

 

結局、風水師のアドバイスは、、、掃除をしましょう、アクティブに行動しましょう、笑顔を絶やさないようにしましょう、人の悪口を言うのはやめましょう、、、などなど、当たり前のことなんだよね。

 

でも、それでいいんだよ。

風水師のところに相談に来る人の大半は、そういった薄っぺらなことを聞きたいわけだからね。

風水師も、そんな客のアドバイス料で稼ごうなんて思っちゃいない、、、

ごく一部の洗脳された金持ちにだけ、難しい話をする。

洗脳状態にあれば、難しい話をしても、すべてハイハイと聞くからね。

薄い話を求めている連中に難しい話をすると、反論されるだけ、、、、ほとんどの人たちは、風水は掃除をしましょう、黄色が金運アップですってレベルのものだと思い込んでるからね。

それを理解して、相手を見て、適した発言をすればいい。

 

たいていの相談者には、「陰気が強いですねぇ」でOKな世界なんですよ、実際のところは、、、

風水で悩みを解決したければ「風」で騙せ!

風水師のようにふるまいたければ、風や光や掃除について語ればいい。

要するに、衛生的に良い空間で生活しましょうと言いさえすれば、反論されない。

一昔前であれば、光(太陽光)がとても重視された。とくに、家の風水では、光が入ることが特に推奨されたが、、、最近は、お肌、美容の観点から、光を強調すると、嫌な気持ちになる女子が増えた。

そんなわけで、最近は、風が重視される。

悪臭が溜まった家に住むのは衛生上よくありませんよというだけの話なんだが、、、

それを、「衛生」という言葉を使わないで、自然の摂理を語るかのような口ぶりで、離すのがコツ。

木を燃やして、炎が燃え上がる、、、陰陽五行の循環思想、、、

木から火が燃え上がるときに生じる風が、人の悩みを遠くに運んで行ってくれる。。。

そういった言い方して、「衛生学」から、焦点を完全にずらす。。。

言っていることは、窓を開けて空気の入れ替えをしましょうってことなのだけれど、、、

なぜか、風水が好きな人たちは、何か、自然のエネルギーの変化がもたらされると、心のどこかで解釈するのである。

 

重要なポイントは、自然の力で、環境衛生をたもつ話をするってこと。

現代の世の中は、、、外の空気だってよくないし、、、住んでいる環境によっては、部屋を閉め切って、機械喚起をしたり、空気清浄機を使った方が、衛生的に良い。

でも、風水師は、これらの機会を肯定してはいけないんだよね。

もし、窓を開けて汚い空気が入るような場所に住んでいる場合、、、、そもそも、住んでいる場所が悪いんですと言う話になる。

引っ越しした方がいいと、助言する。。。

そんな過激な提案でも、、、客は受け入れる。

なぜなら、風水師に相談する時点で、その人は風水というよくわからない力を信じ切っているので、、、心のどこかで、自分の家の場所が良くないと思っている。自分が思っていることを、風水師にもいってもらえる。。。。これは、自分の意見が肯定されるってことだから、うれしいことなんだよね。

とにかく、風水師もどきになりたければ、まず、風について語ればいい。。。

元カレを忘れる風水※悩んでいる時間を減らすだけ手口

占い師に相談に来る女のほとんどは、人間関係の悩みを抱えている。

特に恋愛の悩み。

厄介なのは元カレを忘れられない女たち。。。

 

でも、これ、解決策はカンタン。。。

何でもいいから、風水指導すればいい、、、、

本当に、何でもいいのだ。

 

たとえば、「恋愛運をアップするのは水玉模様です」と言うだけで、、、、悩みの時間は減るのだ。

それだけで、女は、水玉模様が異常に気になり始めるからだ。

 

街を歩いていて、水玉模様を見かけるたびに、水玉=恋愛運と考え始める。

また、新しいタオルを買おう、新しいワンピースを買おう、新しい小物入れを買おう、、、全部、水玉模様はあるかなと、、、考え始める。

 

単純に、水玉のことを考える時間が増える、、、、

つまり、元カレ以外のことを考える時間が増えていく、、、

 

水玉以外にも、いろいろな指導をすれば、それだけ、元カレのことを考える時間が減っていく、、、

 

そうすると、自然と悩む時間が減っていく、、、

結果、風水師の言うとおりにしたら、人生が好転し始めたと、勝手に考え始める。

 

風水師がやってはいけないことは、個人に特化した改善策を助言すること。

上司との恋愛に失敗した女性に対して、転職をアドバイスしてはダメ。

洗脳後の女性ならば、転職をアドバイスしてもいいが、、、、

もし、まだ、洗脳前の場合、、、具体的(個人的)なアドバイスをすると、、、、不満な気持ちになる女が多い。

それを理解して、すべての人に共通する風水説の中から、あなたに適したものを選びましたといった印象を与えるように、アドバイスする。

それを繰り返すうちに、女性客の方から、もっと具体的なアドバイスが欲しいと言い出す。

それでも、しばらくは具体案は言わない。。。

洗脳状態になってしまえば、女性は、風水師の言いなりになってしまう。。。

これが、風水師の洗脳の世界。。。。

人間関係を改善する風水※改善策を断言しないで徐々に洗脳

人間関係を改善する方法を風水師や占い師に相談する人たちがいる。

この場合、風水師と占い師は何をすべきか?

 

実は、重要なのは具体的な改善策を示さないこと。

たとえば、モラハラで悩んでいる女性が相談に来たとする。。。。

普通に考えれば、訴訟を起こすとか、、、別の上司に相談するとか、、、モラハラの現場を録音するとか、、、いくらでも、対抗策がある。

でも、そんな具体案を知りたい人は、風水師や占い師のところに来たりしない。

 

つまり、風水師や占い師のところに来る女性は、改善のための行動を起こすことがない、ダメな人たち。。。

もっといえば、、、単に愚痴を聞いて欲しいだけの人たちなのだ。

そんな人たちに、改善のための具体的な方法を示しても、実行できないし、、、実行する気がない人に具体案を示しても、「そんなこと私にはできない」と不満を抱くだけなのだ。

つまり、正しい具体案を示すような風水師は敬遠されてしまうのだ。

 

では、どうすればいいのか。

単純な話で、焦点のズレた行動を促せばいいのだ。

 

朝早く起きてトイレの掃除をしましょう。。。

明らかに的外れだが、、、、早起きや、トイレ掃除は、悪いことではない、、、つまり、正しいことなので、、、早起きなんて健康に悪い!トイレ掃除なんて病気になる!といった反論はされない。つまり、なんとなく、受け入れてしまうし、、、風水師の言いなりになってみようと思ってしまう。

単なる早起きという行動であっても、風水師が言ったことを行う、、、これが、洗脳の第一歩。

しかも、早起きやトイレ掃除が、ストレス解消になって、人間関係が上手くいきだしたと錯覚するものまで出てくる。

そうすると、風水師のおかげで、人間関係が上手くいきだしたと信じ込む。。。

これで、風水師の助言なしには生きていけなくなる。

人間関係の悩みにつけ込む風水手法

人間の悩みのほどんどは、人間関係。

とくに、世間体を重視し、自意識過剰になりやすい女性は、人間関係に悩む。

人間関係に悩んでいない女性なんていない。

つまり、ほぼ100%の人が、悩んでいるとわかっているのだから、その悩みにつけこむことができれば、風水師は客を洗脳し、がっぽがっぽと稼ぐことができるわけだ。

風水師がやることは、ごく単純。

人間関係の悩みの原因を、女性客に責任があるのではなく、風水の責任にしてしまえばいい。

そこで、よく使われるのは「気」という概念。

なぜか日本人は「気」という、抽象的でよくわからないものを信じやすい。

 

合理的な思考の持ち主である男性が、女性の人間関係の原因をはっきりと特定したりすると、、、女性の多くは反論したい気持ちになる。

というか、100%反論する。

つまり、原因を明確に特定してはならない。

その点、「気」という概念は、フワフワしていて、よくわからない概念なのだが、、、自分自身の責任ではなく、「気」の責任なのだと、責任転嫁できるだけで、女性の大半は心が癒されてしまう。

「悪い気」の原因は、本人の行動なので、実際は、風水師は「あなた自身の問題です」と言っているだけなのだが、気という概念が間に挿入されるだけで、女性の間隔は麻痺するのである。

赤い革ジャン、ライダースジャケットの風水効果※勝負運アップで戦闘モード!

赤い革ジャンやライダースジャケットは、勝負運をアップします。

本来、茶色や黒の皮に着色してまで赤にこだわる。

この強い意志が、人間を勝利へと導きます。

赤は、火の色です。炎は高い熱を帯びているので、情熱を高める効果があります。

情熱とは、簡単に言ってしまえば「やる気」です。やる気を高めて、集中するので、自分の力を最大限に発揮することができます。

また、赤は、血の色でもあります。

そのため、勝負運が高まる一方で、血の気が多くなり、短気で、怒りっぽく、攻撃的になる傾向があります。

しかし、怒ることや攻撃的になることが、必ずしも悪いことではありません。

スポーツや格闘技でナンバーワンになる人、負けず嫌いで、負けた時の怒りのパワーを力の原動力にしている人も多いのです。

また、リーダーシップを発揮する権力者たちは、周りの人から見ると、怒りっぽいと思われていることが多いと言えます。

活動的・攻撃的な人間にはなりたくないと言う人には、赤色は向いていません。

勝負に勝ちたいからと言って、赤を選ぶ必要はないのです。

たとえば、緑色の発展運を活用して、自分の能力を高める事でも、勝負運はアップするのです。

自分に適した方法で勝負運を高めればいいのです。

赤い革ジャンやライダースジャケットは、積極的な行動によって、成功者になりたいというひとに適したファッションです。

カバン・バッグの色風水※金運UP!ゴールド、黒、茶、黄、ピンク、紫、白、緑、赤、青

今回は、金運がアップするバッグ(カバン)の色について解説します。

ゴールド

金塊(純金)を象徴する色なので、金運アップ効果が非常に高いです。ただし、メンタルが強い人ではないと使ってはいけません。心のどこかで、「恥ずかしい」とか「下品」とか感じてしまうと、気が乱れるので、開運効果が発揮されません。

実は、金運アップ効果があります。黒は陰気が強いことから、NGカラーだと思っている人が多いようですが、、、陰気だからと言って、金運がダウンするというわけではありません。金は、暗いところを好みます。ですから、お財布を入れるバッグは、ブラックボックスでいいのです。また、黒には、ものごとを隠す作用があります。ですから、黒いバッグには、お金を隠して貯める効果があります。

 

茶色は風水では、土の気を有しています。金は土の中から産出されるので、風水では、土は金気を育てると考えます。ですから、茶色のバッグには金運アップ効果があります。

 

黄色は、金運アップカラーの定番です。秋に実る稲穂を表すとされています。つまり、稲穂を収穫して、お金儲けができることから、金運の象徴カラーになったのです。

 

ピンク

ピンクは、直接的に、金運をアップする効果はありません。しかし、ピンクは女性のあらゆる運気を上げるカラーです。女性は陰気が強すぎるので、風水では、ピンクやオレンジなどの暖色で、陰陽を調整する必要があると考えられています。だから、女性が金運を上げるのにも力を発揮します。

 

紫は、ステータス運をアップします。ステータスがアップするというのは、同時に、お金が手に入り、人の信用も手に入ることを意味しています。つまり、肺ステータス=お金持ちのことなのです。

 

白には浄化作用があります。現在、大きく気が乱れている状態で、それらの厄を払って、ゼロから金運をアップさせたいと思う場合、白が最適です。

緑は、発展運や出世運をアップします。自分能力が上がり、人から評価されるようになるので、収入も増えます。

 

勝負運をアップする色です。潜在的な能力を高めて、さまざまな勝負ごとに勝つことができます。その結果、大金がもたらされます。

青は、水を象徴する色です。風水では、水と金の相性が良いとされています。金の表面に水滴がつくからです。ですから、昔から、水は、金運をアップするとあされていました。そのため、青は金運アップカラーです。

 

あなたは、

どの色でも、金運がアップするじゃねーか!

と思ったかもしれません。

 

その通りで、基本的には、どんな色でも、金運をアップする効果はあるのです。

重要なのは自分に適した色を選ぶことです。

 

たとえば、小心者の人がゴールドのバッグを持つのは勇気がいります。周りの視線が気になって、後ろめたさを感じてしまうようなら、その人にとって、ゴールドは、適切な色ではないのです。その人にとって適切なのは、金を育てる土色(茶色)かもしれません。

また、明るく、嘘をつくのが大嫌いな性格の人にとって、人に隠れてこつこつと金を貯める、黒色のバッグは適切ではないでしょう。

男性が、ピンク色のバッグを持っても金運はアップしません。

争いごとが嫌いで、穏やかな性格の人が、赤色のバックで、闘争心を露わにして、金を稼ごうとしても、失敗します。

結局、自分に合った金運カラーを見つけるのが大切だと言うことです。

うつ病対策の風水※白・緑でメンタルをリセット!

精神が病んでいたり、ストレスが溜まっていたりするときは、部屋の模様替えをしましょう。

模様替えで、乱れた運気をリセットする必要があります。

一番良いとされているのは、白です。

色のついたものは、なるべく、押入れにしまいます。

または、白い布で覆ってしまいます。

そして、ベッドや枕カバーを白に統一します。

パジャマも白です。

白には、浄化作用があるからです。

精神疾患の症状があまりにひどいときは、盛り塩も忘れずに行います。

ふつうなら、数日毎に交換するだけでいいですが、うつ病の症状がひどいときは、毎日交換します。

白は、気の浄化作用があります。

また、白には新しいことを、終わりと始まりといういみがあります。

過去を切り捨て、新しいことを始めるときに、パワーをくれるのです。

ですから、例えば、転職運や改革運がアップします。

また、厄払いにも効果的です。

何か特定の願いに対して、強いパワーを発揮するわけであ貼りませんが、基本的にはあらゆる運気を上げることができます。万能運と言うのが適切かもしれません。

気の浄化が済んだら、少しずつ、他の運気を上げていきます。

たとえば、恋愛運や出会い運を上げたければ、ピンクやオレンジを用います。

枕の色をピンクにするだけでも十分です。白は、様々な気を倍増させる力があるので、ピンクが持つ恋愛運を一気に高めてくれます。

 

白を用いる風水術は、人生に追い込まれたときに行う手法です。

すこし、精神的に疲れてる程度ならば、緑色を使って、気の浄化を図ります。

一番良いのは、緑の多い公園に行って、気を浄化することです。

また、部屋に観葉植物を置くのも効果的です。

植物は、人の体にこびりついた毒素を吸収して、浄化する作用があるからです。

観葉植物が無理な場合、部屋をグリーン系でコーディネートします。

原色よりも、薄い色の方が、いいです。

濃い緑は、ポイントで用いるようにしましょう。

インテリアに濃い色を使いすぎると、気が乱れるとされているからです。

リーフ柄(葉の模様)のカーテンなどを使うのもいいでしょう。

木の気は、発展運、出世運をアップします。

緑の部屋は、運気がゼロから発展し始めるので、精神面における気分転換にぴったりの色です。

下着・ランジェリー風水※ピンク、赤、白、緑、青、黄、黒、オレンジ、茶、ラベンダー

ピンク

ピンクは恋愛運をアップします。

その反面、幼い女の子を象徴する色でもあるので、使い方を間違えると、単なるイタイ女になる危険があります。

ですから、恋愛運をアップしたいときは、普段人には見えない、下着の色をピンク色にして、恋愛運アップを図ります。

また、ランジェリーショップに売っているピンク色の下着は、よほど変な店に行かない限り、大人っぽいデザインになっているので、恋愛運をアップするのに大きな効果があります。

赤はやる気スイッチを入れてくれる色です。

勝負運を上げる効果があります。

何かの目的のために、気合を入れる際に、赤の下着をつけると良いでしょう。

自分の潜在的な能力をフルに発揮することができます。

目的は、仕事でも恋愛でも受験でもスポーツでも何でも構いません。

白には浄化作用があります。

ですから、真っ白な服を着ると、乱れた気が浄化されます。

気が乱れたな、ストレスが溜まっているなと感じた時は、白い服を着て、体を浄化すると良いのです。

しかし、実際のところ、真っ白な服を着こなすのは大変です。

ですから、体に密着する、下着を白色にすることで、気の浄化を図ります。

緑は発展運、出世運、対人運、出会い運をアップしてくれます。

とくに、若い人が、運気を上げたいときに身につけると効果的です。

青は水気を帯びています。

水は、万物を育てるので、開運効果が高いのですが、、、

女性はもともと、水気を帯びているので、青をたくさん身につけると、水気が強くなりすぎ、水毒に犯されます。

ですから、あまりお勧めできません。

男性の場合は、青は、発展運、出世運、恋愛運の色なので、おすすめです。

 

黄色

金運カラーです。

金運だけではなく、あらゆる幸福の象徴なので、風水の定番と言えます。

迷ったら、とりあえず黄色を選ぶというのが風水の基本です。

黒は、気を覆い隠す作用があります。

この作用をうまく生かせる人は、上手く気をコントロースしますが、、、上級者向けです。

一般の人は、黒はNGと考えてください。

オレンジ

出会い運、婚活運、対人運が上がります。

恋愛ばかりではなく、良い友達ができたり、良い取引相手に巡り合えたり、、、人脈によって、様々な成功が導かれます。

茶色は大地の色です。

大地は万物の母。

そのため、主婦と相性が良い色です。

安定的な幸運を求める人におすすめの色です。

ラベンダー色

ラベンダー色は、ステータス運をアップします。

ステータスをアップすることで、玉の輿を狙うことも可能です。

また、仕事では、より良い取引相手を見つけることが可能になります。

しかし、自己中心的になりやすい傾向があるので、わがままになりすぎたなと感じたら、暖色系の下着に替えて、運気をコントロールしてください。

収納ケースの風水効果※籐・ラタン・木製・プラスチック・色

目に見える場所に置く収納で開運効果が高いのは、籐(ラタン)や木製のものです。

木の気は、成長の象徴であり、発展運がアップします。

あらゆるものが発展するので、金運、恋愛運、出世運、、、万能の風水アイテムです。

とくに、ラタンの場合、線状の素材で編まれているので、「縁(えん)」を象徴しています。そのため、縁結び運や出会い運や婚活運が上がります。

独身の女性の恋愛運を上げてくれます。

それに対して、プラスチックは、なんの風水効果もありません。

プラスチックそのものが運気を激的に下げるわけではないのですが、風水では好まれません。

部屋のインテリアをすべてプラスチックにするとか、、、そういった極端なことをしない限り、良くも悪くもない、、、

しかし、常に目に見える場所にケースが透明で、中が見えている場合、気が乱れるのでお勧めできません。

プラスチックのマイナス面を補うためには、不透明なものを選ぶべきです。

また、色が付けられていれば、開運効果も期待できます。

しかし、素材そのものが持つ開運効果に比べると、劣ってしまうことを認識すべきです。

発展運や出会い運を高めるために、木の気の象徴である緑色やリーフ柄のプラスチック収納を使っても、ラタンや木製の収納にはかなわないのです。

ですから、目に見える場所に置く収納にはプラスチック製を使うべきではありません。

カラー風水は、本来、家電など、素材で運気を上げられないものに用いるべきです。

たとえば、木製の棚を無理やりピンクに塗って、恋愛運をアップしようなどと考えるのは、邪道です。

木の質感を生かした方が、縁結び運が上がるので、効果が高いのです。